Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

FAカップ決勝戦:アーセナル vs ハル・シティ戦プレビュー

■週末に行われるFAカップ決勝ハル・C戦へ向けてのチームニュースです…
ベンゲル監督
ノリッジ戦でプレーした選手たちは全員問題なく出場できる状態だ。 ただ、鼠径部を痛めているオックスレイド=チェンバレンと、最後の最後で膝の痛みを訴えているフェルマーレンについてはまだ何ともいえない。 金曜には詳細が判明するだろう。」

オックスレイド=チェンバレンについては、木曜の時点ではスカッド入りする可能性があることしか言えない。」
(ソース:Arsenal.com

■サニャやファビアンスキーとの契約、ウィルシャーの状態など記者会見の一問一答です。 ※一部を抜粋
サニャについて…
「何度も言っていることだが、先週と状況は変わっていない。」

サニャとの新しい契約へ向けての取り組みについて…
「ボールは彼の側にあるので私にはどうすることもできない。」

彼を土曜日の出場メンバーに選ぶことについて…
「全く疑問は持っていない。 何度もコメントしてきたことだが、契約の最終日までベストを尽くすのがプロであり、真のプロフェッショナルというものだ。 私は彼のコミットメントや勝利への欲望について全く疑問を持っていない。」

シャーウッドがトテナムの監督を解任されたことについて…
「トテナムの監督に限らず、どのチームであっても監督が解任されるのは、私にとっても常に悲しいニュースだよ。 ただ、プレミアリーグのローテーション・スピードがあまりに早すぎるのは心配だ。 これはプレミアリーグにとって良い兆候とは言えないと思う。」

ファビアンスキーとの契約について…
「サニャの時と答えは同じだ。 ベストを尽くせない選手はプロとは言えないので、移籍する可能性のある選手を選ぶときは常にそのように行動してきたというのが正直なところだ。 ナスリやファン・ペルシを含め、その他の移籍するかその可能性があると分かっている選手であっても、私はそうやってきた。 彼らがプロとしてプレーに値する場合は起用する。」

ウィルシャーのフィットネスについて…
「彼はハードワークをしている。 水曜日に再びセッションを行っているし、状態は改善している。 ノリッジ戦で30分間だけプレーしたが、これは予定通りだ。 W杯について言うならば、完全にフィットするための時間は十分あると思う。」
(ソース:Arsenal.com

■相手がハル・Cであっても気を抜くことはできないとベンゲルは語ります…
ベンゲル監督
「優勝の本命だからといって優勝が保障されている訳ではない。 試合当日に良いパフォーマンスを発揮できれば、優勝する可能性が高いというだけのことだ。 だから、素晴らしいパフォーマンスを発揮できる状態に仕上げることに集中しなければならない。」

「相手がハルだからと言って無警戒でよいとは思っていない。 決勝戦はあくまでも決勝戦であるし、ハルはプレミアリーグのチームだ。 彼らはボールを回しゴールチャンスを作ることができる。 我々はどちらも試合当日に好調なパフォーマンスを発揮できるのだ。」

「我々に慢心があるとは思わない。 決勝戦の難しさは分かっているからね。 FAカップにおける我々の戦いを見れば、厳しい戦いばかりだったことが分かるだろう。」

「我々はトテナムやリバプールエバートンと戦い、準決勝ではウィガンと対戦した。 コベントリー戦は楽だったかもしれないが、全体を通してみれば非常に厳しい試合ばかりだった。 我々はそれを乗り越えてきた訳だし、良い形で最後を終えたい。」

「我々は常に高い期待をかけられているしプレッシャーもある。 だが、それが我々のアドバンテージだと思う。 今シーズンの我々はプレッシャーの掛かる試合を多数経験している。 緊張感に対処してきた経験が、決勝戦へ向けての準備に役立つことだろう。」
(ソース:Arsenal.com






にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ

[図解]ワールドカップで世界がわかる!
サッカートリビア研究会
PHP研究所
売り上げランキング: 64,407









脊山麻理子写真集「SEYAMA」