Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ベンゲルが新たな3年契約を締結へ【アーセナル移籍ゴシップ】

バルセロナが今夏のセスク放出を決めたようだとスペインで報じられているらしいです。 今シーズンのセスクは46試合に出場していますが、低調なパフォーマンスからファンの批判を浴びています。 アーセナル、マン・Uが移籍先として挙げられているようです。
(ソース:Daily Express

■サニャが今週にもマン・Cと交渉を行うようだと報じられています。 FAカップ制覇から一夜明けたサニャが移籍へ向けて動き出した模様です。 サニャとしてはブラジルW杯開幕前に諸々のことを決めておきたいらしいです。 交渉が順調に進めばメディカル・チェックを受けて正式契約になるとのこと。 マン・Cとは週給15万ポンド(約2,555万円)の3年契約を結ぶ見込みだとか。

FAカップの優勝パレードではファンから「移籍しないで!」との大合唱があったようですが、サニャのクラブに対する不信感は拭えなかったようです。
(ソース:Daily Mail

■サニャと同様に今シーズンいっぱいで契約が切れるファビアンスキーですが、こちらも出場機会を求めて移籍することになりそうです。 本人はイングランド・海外のどちらも考えているようです…
ファビアンスキー
「状況がハッキリするまでもう少し時間が掛かると思う。 でも、僕としてはコンスタントにプレーしたいんだ。 そして、そのチャンスを与えてくれるクラブがいい。」

「オプションの一つとしてイングランドに留まることも考えているけれど、海外へ行くこともあり得る。 ひとつ確かなことは、僕が失業することはないってことさ。」
(ソース:Sky Sports

FAカップ優勝後の記者会見で続投を明言していたベンゲルですが、テレグラフ紙によるとアーセナルと年俸750万ポンド(約12.8億円)の3年契約で合意に達しているようです。 水曜日か木曜日にも正式発表されるだろうとのこと。 この契約によりベンゲルは2017年までアーセナルを指揮することになり、アーセナルで通算20年を超える長期政権となります。
(ソース:Telegraph

アーセナルチェルシーが獲得に動いていると噂されているバイエルン・ミュンヘンクロアチア代表FWマンジュキッチ(27)が、クラブのロッカーを片付けはじめたと報じられています。 マンジュキッチは先週末に行われたDFBポカール決勝を招集外となったことから、グアルディオラ監督との確執が再び表面化しています。
(ソース:Mirror

アーセナルがマン・Cのイングランド代表MFジェイムズ・ミルナー(28)の獲得に興味を示しているらしいです。 ヘスス・ナバス加入で出場会が減少したミルナーが移籍を希望しているとのこと。アーセナルの他にはリバプールも興味を示しているそうです。
(ソース:Mirror







にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ








大川成美 ぷるぷりナルル[DVD]