読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

サニャがマン・Cと合意か?【アーセナル移籍ゴシップ】

ラムジーがFTBpro PFA ファン・プレーヤー・オブ・ザ・シーズンの最終候補6名に残りました。 最終候補者6名は次のとおりです…

アーロン・ラムジー
エディン・アザール
ルイス・スアレス
スティーブン・ジェラード
ヤヤ・トゥーレ
アダム・ララーナ

投票はこちらから行えます。
(ソース:Arsenal.com

■今夏の移籍が噂されているバルセロナのセスクについて、アーセナルが買戻しを検討していると報じられています。 セスクは3年前に古巣バルセロナへ移籍しましたが、思うようなパフォーマンスを発揮できず今シーズンは批判の矢面に立たされています。 バルセロナもセスクを放出要員としているらしいです。

アーセナルバルセロナへセスクを売却した際に買戻し条項を盛り込んでおり、これを行使するのでは?といわれています。 また、もし他クラブへ移籍した場合でも移籍金の一部をアーセナルが受け取ることになるそうです。セスクに関してはマン・Uが熱心な獲得活動を行っていると度々報じられています。

セスクの他に、アーセナルレアル・ソシエダのヴェラに関しても買戻し条項を行使することや、グリエスマン獲得も検討しているとか。
(ソース:Mirror

■サニャがマン・Cと週給12万ポンド(約2,059万円)の3年契約で大筋合意に達したと複数のメディアが報じています。 フェネルバフチェもオファーを出していたようですが、シティのオファーには及ばなかったようです。 正式発表が行われればアデバヨルコロ・トゥーレクリシー、ナスリに続きアーセナルからシティへ移籍する5人目の選手となります。
(ソース:London Evening Standard

アーセナルリバプールが獲得に動いているといわれている、スウォンジーのスペイン人FWミチュ(28)について、モンク監督は移籍を否定するコメントをしたそうです。 昨シーズン、バジェカーノからスウォンジーへ加入したミチュは、プレミア1年目に18ゴールを決め大ブレイクを果たしましたが、今シーズンは怪我の影響もあり僅か2ゴールに終わっています。
(ソース:Daily Express

アーセナルリバプールシャフタール・ドネツクのブラジル代表FWベルナルジ(21)の獲得に動いていると報じられています。 アーセナルは昨夏もベルナルジ争奪戦に参戦していたもののシャフタールに敗れています。 ベルナルジは最近のウクライナ情勢が不安定なことを受けて、海外への移籍を模索しているといわれています。 移籍金は1,900万ポンド(約32.6億円)。
(ソース:Mirror

アーセナルリバプールエバートン、ハル・CなどがQPRのイングランド人FWチャーリー・オースティン(24)に関心を寄せていると噂されています。 オースティンはQPRのエースストライカーとして20ゴールを挙げる活躍を見せています。
(ソース:talksport

アーセナルチェルシーACミランのイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(21)の獲得を検討しているとか。 代理人も去就についてはミランが決めることだとコメントしているようです。
(ソース:talksport







にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ











ゆりかの旅 橘ゆりか Air control [DVD]