Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

チェフと基本条件で合意か【アーセナル移籍ゴシップ】

チェフと基本条件で合意か

SKYスポーツによると、アーセナルとチェフが基本条件で合意に達したようです。ただし、クラブ間では移籍金を巡る攻防が続いており、今週も交渉が継続されるだろうとのこと。正式合意はまだ先のようです。

(ソース:Sky Sports

 

ホーム・グロウン選手の争奪戦が激化

FAがイングランド人若手選手にもっとチャンスを与えるため、ホーム・グロウン制度のさらなる強化を打ち出したことから、ホーム・グロウンに適合する選手の争奪戦が勃発しているようです。

FAが打ち出した強化策の1つに『2016年から2020年までに、ホーム・グロウンとして登録しなければならない選手数を現行の25名中8人から12人に増やす』というのがあり、ホーム・グロウン選手が少ないチェルシーやマン・C、リバプールが選手の確保に奔走しているとか。そこでターゲットとなっているのが17歳でアーセナル入りしたソングと、リバプール退団が濃厚なスターリングの2名のようです。

なお、FAは他にも強化策を打ち出していますが、来シーズンから適応されるかは不透明です。

(ソース:Sky Sports

 

ウィルシャーに新たな契約を提示へ?

マン・Cがホーム・グロウン選手確保の一貫としてウィルシャー獲得に動いていると報じられていますが、アーセナルは生え抜きであるウィルシャー流出を阻止すべく新たな契約を準備しているそうです。現在の契約はまだ3年残っていますが、アーセナルは給与を倍増させた週給10万ポンド(約1,948万円)の5年契約を準備しているようです。

(ソース:Mirror

 

スヴェン・ベンダー獲得に動く?

以前からたびたび噂が出ていましたが、アーセナルドルトムントに所属するドイツ代表MFがスヴェン・ベンダー(26)の獲得に動いているそうです。すでにドルトムントと接触しているとか。

(ソース:Mirror

 

 

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

倉持由香 桃尻彼女2 [Blu-ray]