Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

【アーセナル公式】チェルシーからチェフを獲得

チェルシーからチェフを獲得

アーセナルチェルシーからチェコ代表GKペトル・チェフ(33)を獲得したと発表しました。移籍金ならびに給与は非公表で長期契約とだけ明かされています。チェフはチェルシーで過ごした11年間に数々のタイトルを手にし、個人としても3度のゴールデングローブ賞受賞など輝かしいキャリアを築いています。また、チェコ代表としても114試合に出場し、カレル・ポボルスキーの持つ最多キャップ数まであと4試合に迫っています。なお、背番号はクラブの公式インスタグラムで発表されますが、現時点ではまだ発表されていないようです。

ベンゲル監督

「私は長年に渡りチェフを称賛してきた。その選手がアーセナルに加入することをとても嬉しく思っている。これまでの長きに渡るシーズンで彼が世界屈指のGKであることは証明済みだ。彼の加入はチームに大きな力をもたらしてくれる。」

 

チェフ

アーセナルに加入できて凄く興奮しているし、プレ・シーズンが始まるのを待ちきれないよ。僕はフットボールにコミットしているし、キャリアをスタートさせた当時と同じモチベーションと成功に対する貪欲さを持っている。プレミアリーグで最高の選手達と対峙するのが大好きなんだ。ベンゲル監督からクラブの野心と僕の役割を聞いたときから、僕の気持ちは決まっていた。」

 

f:id:jaguar541:20150630051210j:plain

(ソース:Arsenal.com

 

チェフのファースト・インタビュー

 ペトル、アーセナルへようこそ。まずはクラブと契約した感想を聞かせて

「エキサイティングだよ。初めてプレミアリーグへ来てから長い年月が経っているけれど、毎週のように偉大なクラブや選手達と対戦できるのが大好きなんだ。アーセナルはトップ争いを行っているし、まさに僕の野望と個人的なモチベーションに合致するチームだよ。キャリアの今の時点でベストの選択ができたと思っているし、成功を確信している。」

 

アーセナル入団を決めたきっかけは?

「アプローチかな。初めての会談のときにベンゲル監督と話したけれど、僕は10年〜15年前から変わらず子供のようなハングリーさや、いろいろなモチベーションとタイトル獲得に対するコミットメントを持っているんだ。そこが大きな違いだと思う。そのことは監督に話した。僕は成功したいという自分の願望に合致するチームを見つけられたと思っているし、欧州制覇にチャレンジしたいんだ。」

 

チェルシーでの11年間で数々の成功を収めてきただけに、退団という決断は難しいものだったのでは?

「おそらく僕にとって最も難しい決断だったと思う。でも、昨シーズンずっとベンチに座っていたとき、ここでのキャリアが一区切りついたと分かったんだ。僕は試合に出たいし、チーム内でポジション争いをするチャンスが欲しい。そして、毎週のようにプレーしてチームに貢献したいんだ。アーセナルではポジション争いをするチャンスがあること願っている。そして少しでもチームに貢献できることを願っているよ。」

 

プレミアリーグで非常に多くの経験を持っているからプレミアリーグを熟知していると思うし、ロンドンのこともよく理解している。そのことが大きなアドバンテージになると思う?

「そうだね、僕はプレミアリーグが世界最高のリーグだと確信しているし、そのプレミアリーグで長年プレーしてきた。このことは僕にとってアドバンテージになると思う。今シーズンは新しいクラブで過ごすことになるけど、落ち着いてプレーできることは大きなアドバンテージだと思う。イングランドのプレースタイルはほぼ全て把握しているからね。僕は世界屈指の選手達と対戦したいんだ。だからプレミアリーグで常にプレーし続けたいし、このリーグに残りたかったんだ。タイトルに挑戦するモチベーションがあるチームでプレーを続けたかった。最高のチームで自分を試してみたいからね。ベンゲル監督からアーセナルが持つ野心とモチベーションについて話を聞いたとき、僕のその計画に加わりたいと思った。僕の決断は明確だったよ。」

 

ベンゲル監督の存在はアーセナル入団にどの程度影響を与えた?

「監督とは良い感じで話し合いができた。クラブからアプローチがあった後だったし、監督とプライベートで長時間話すのはこれが初めてだった。彼は僕にこの移籍が正しいステップであり、アーセナルには多くの野心を持つクラブだと思わせてくれた。僕には個人的なモチベーションと野望があるけれど、アーセナルは間違いなくそれらに合致するクラブだ。僕にとっても刺激的な時間になると思うし、アーセナルのクラブやファンにはプレミアリーグ制覇というプロジェクトがある。これは僕の経験をチームにもたらすチャンスだと思った。そして、僕たちはこのプロジェクトを達せきできると思っている。」

 

ロシツキーからは何か話があった?

「Yes、僕らはいろいろと話し合った。僕らは代表チームで長年共にプレーしてきたけど、何が起きるか分からないものだね。でも、彼はいつも満足そうだったしアーセナルでプレーするのが大好きな様だった。彼からは色々と良い話が聞けたし、アーセナル側と会ってみようと決断した要因の1つでもある。その後、様々な議論を経て今日を迎えることができた!本当に嬉しいよ。」

 

これまでのキャリアの中でアーセナルと何度も対戦しているけど、ハイバリーエミレーツでプレーした中で一番の思い出は?

ハイバリーで初めてプレーしたときはスタジアムのサイズに驚いたよ。もっと大きいと思ってたんだ!(笑)ピッチに立つと観客席がもの凄く近くて狭く感じたよ。僕が初めてプレーしたときアンリのFKからすぐに失点してしまったんだ。僕らも本当に驚いたよ。最終的には2−2で引き分けてタイトル獲得に繋がるドローになった。それが僕の最初の思い出かな。その後はエミレーツ・スタジアムへ移転したけど、いつ来ても美しいピッチだからいつも良いプレーができたね。ビジターとしてテクニカルなアーセナルと対戦するのは難しい試合になると分かっていたし、チェルシーにとっても大きなテストだった。その中でも近年は成功を収めてこれたけど、今年からはそれが変わるよ!」

(ソース:Arsenal.com

 

ついに世界最高のGKがアーセナルにやってきました!!

 

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐藤麗奈 写真集 (TOKYO INCIDENT vol.3)