Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

キャピタル・ワン・C:トテナム vs アーセナル戦の結果

キャピタル・ワン・カップ3回戦

トテナム・ホットスパー 1−2 アーセナル

 

《得点》

トテナム:56’チャンバース(OG)

アーセナル:26’&78’フラミニ

 

【出場メンバー】

オスピナ

ドゥビュシー f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

チャンバース

ギブス

メルテザッカー

アルテタ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

オックスレイド=チェンバレン → 89’ウォルコット

フラミニ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

キャンベル → 67’A・サンチェス

ラムジー

ジルー

 

=ベンチ=

マーシー

モンレアル

ベジェリン

エジル

イウォビ

 

シーマン:マン・U行きを断ってアーセナルを選んだ

 1990年〜2003年までアーセナルでプレーし、リーグ優勝やUEFAカップ制覇に貢献したデビッド・シーマンが、アーセナルへ移籍する際にマン・Uからもオファーを受けており、入団直前まで行っていたことを明かしました…

シーマン

「Yes、(マン・U移籍が)目前という所までいってた。アーセナルへ移籍する前には、アーセナルかマン・Uのどちらへ行くかという選択肢があったんだ。選択の余地が少しはあったけど、僕は既に家族とロンドンで生活していたんだ。それがアーセナルを選んだ理由だよ。」

アーセナル時代に他のクラブから接触はなかったよ。噂ばっかりだよ。でも僕はアーセナルに満足していたし、アーセナルでプレーできて常に幸せだった。」

「僕が退団したのは(入団から)13年が経過してからだ。その後マン・Cへ行ったけど(怪我もあって)6ヶ月間しかプレーできず引退した。」

「マン・C時代も楽しかったよ。ただ、怪我もあって全く計画通りにはプレーできなかったけどね。」

「だけど、アーセナルで過ごした時間は素晴らしいものだったし、移籍する際も心残りはなかった。数々のタイトル獲得に貢献できたからね。」

「海外でプレーするチャンスは訪れなかった。でも、もしその機会があったらならチャレンジしてみたかったのは事実だよ。海外でプレーしてみたかったからね。」

(ソース:Daily Star

 

ベンゲルが離婚へ

ベンゲルがアニー夫人と離婚するようだとデイリー・エクスプレス紙が報じています。二人は長く事実婚状態でしたが2010年に結婚しました。しかし、最近は不仲だったらしく6月にパリの裁判所で離婚調停?を行ったようです。そこで財産の分割とベンゲルがアニー夫人に対する財政的サポートを行うことが決まったとか。また、この状態が今後2年間続くと自動的に離婚となるらしいです。ベンゲルは夫人や18歳の娘とコロニー近くのマンションで生活していましたが、既に別居しているのかは不明だとか。

(ソース:Daily Express

 

 

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐藤麗奈(アイドリング!!!) 2016年 カレンダー  壁掛け B3