読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

CL:アーセナル vs オリンピアコス戦プレビュー

オリンピアコス戦へ向けてのチームニュース

ベンゲル監督

「コクランは昨日トレーニングに復帰した。この2日間でどういうレスポンスを示すか確認する必要があるものの、大丈夫そうに見える。」

フラミニとアルテタは筋肉に小さなトラブルを抱えている。フラミニはきょうスキャンを受けるし、アルテタも受けることになる。」

「(ガブリエウが復帰するもののジルーは2試合の出場停止だが?)その通りだ。」

フラミニやアルテタの怪我は重大なものではない。数日で復帰できるだろう。」

(ソース:Arsenal.com

 

ベンゲルオリンピアコス戦のアプローチについて語る

上を目指すためには”絶対に負けられない”試合になると思うが…

「Yes、まさにあなたの言う通りだ。グループステージを突破するためにはホームゲームで絶対勝たなければならない。実にシンプルな話しだ。我々には相手がどこであろうとホームでポイントを落としている余裕はない。」

 

この後に控えるマン・U戦がオリンピアコス戦の選手起用に影響をあたえるか?

「影響は全くない。その試合が影響を与える以前に、我々はたくさんの試合をプレーしてきている。一部の選手達はトテナム戦とレスター戦というタフな2試合を戦っている。どちらもフィジカル的にハイレベルなものだった。私はそれについて分析を行い、決断を下す必要がある。」

 

ザグレブ戦の教訓について…

「私はそれが決断に影響を与えるとは全く考えていない。プレー可能な20名の選手達は、毎試合プレーできる状態にあると信じている。我々のスカッドは非常に強力だからね。基本的にトテナム戦はザグレブ戦と同じメンバーだったが、遥かにフィジカル的だったリーグカップで我々は勝利を収めた。あの試合がたまたま低調なプレーだっただけだと思う。」

 

ホーム戦とアウェー戦ではプローチの仕方が異なるか?

「大きな違いはない。それよりも対戦相手の姿勢が変わってくる。我々は常に前へ出てプレーしている。だがホームゲームの場合は異なる問題に直面する相手がゴール前に引き篭もるのだ。そのため、パスワークと動きで相手を突破して確実にフィニッシュする必要がある。

(ソース:Arsenal.com

 

オックス:コクランはチームに違いをもたらす

 コクランはチームに違いをもらたす重要な選手だとオックスレイド=チェンバレンは語ります…

オックスレイド=チェンバレン

「フランシス(・コクラン)はこれまでも常に素晴らしい選手だったよ。アーセナルの様なクラブではチャンスを見つけるのが難しいけど、彼は素晴らしい姿勢の持ち主なんだ。」

「ローンに出るという事は選手にとって厳しい場合もあるけれど、彼はローンから復帰後に自分の力を証明しチャンスを掴みとった。彼はチームに必要不可欠だと思ってる。」

アーセナルについて考えると、彼はチーム内でも一番声を出していると思う。毎週の試合とトレーニングでそれを証明している。彼はチーム内の他の若手達とは全く異なることができるんだよ。」

「彼は違いをもたらすことができるので、チームにとって非常に重要な存在だと思う。彼がこのまま成長し続ければ、間違いなく今後もずっとチームに貢献してくれるはずだ。」

(ソース:Arsenal.com

 

 

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

Number(ナンバー)886号[雑誌] Number
文藝春秋 (2015-09-24)
売り上げランキング: 85

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Love call