Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

チェフ:シーマンの個性が彼を特別な存在にした

チェフ:シーマンの個性が彼を特別な存在にした

アーセナルで13年年間プレーし、不動の守護神として564試合に出場しているシーマンについて、チェフはシーマンの熱烈なファンだったと語り極度のプレッシャーの中でも顔色一つ変えないのが素晴らしいとコメントしています…

チェフ

シーマンの個性が彼を特別な存在にしたと思う。彼がプレーしているところを見ても、左右にダイナミックに動いたり注目を浴びる派手なGKではなかった。彼は常に目立つ様なことはなかったけど、常に冷静で大事な時間帯に重要なセーブをしていた。」

「最初に彼の本当の姿を知ったのはイングランドで行われたEURO96だった。チェコ代表も勝ち進んでいたからね。最終的にはチェコが決勝でドイツと対戦したけど、(イングランドが)トーナメントを勝ち進んだことでイングランドのサポーター達は熱狂し、誰もが『このチームはEUROを制すことができる』と口々に言っていた。」

シーマンに始まり、彼らには才能のある選手が何人かいた。」

(ソース:Arsenal.com

 

ガブリエウ:母によりよい人生を与えられたことを誇りに思う

 犯罪と貧困に悩まされるサンパウロ南部で育ったガブリエウは、母親をこの地域から脱出させたいという思いが、フットボール選手として成功する上で大きなモチベーションになったと語っています…

ガブリエウ

「母はスラム街の小屋に住んでいたんだ。その事を話すのは別に恥ずかしいことじゃない。今では母によりよい生活を送ってもらう為に、色々と手助けできている事を誇りに思っている。僕は常にそのことを夢見ていたからね。その夢が叶ったことを神に感謝している。」

「家の近所では様々な出来事を目にしてきた。強盗も見たし人が死ぬのも見てきた。サンパウロでは襲われもした。本当に色々なことを見てきたんだよ。僕はそういう所で育ったんだ。でも僕は神のおかげで自分の人生を歩むことができた。数々の悪行を含めて、僕が目にしてきた全てのものが違っていたら、僕の人生は今とは全く異なっていたかもしれない。」

「僕は強かった。母に言われたことを思い返すと、彼女はこれらのことを避けて通ることは出来ない僕に言い聞かせていた。もっと良い生活を送る必要があったけど、それが出来なかったんだ。だからこそ神に感謝している。僕は別の道を行くパスを手にできて、今ではここにいるからね。幼いころから夢見ていたことが現実になったんだ。神のおかげで正しい道を進むことができている。」

 

ブラジルの若者たちについて…

「(ブラジルでは)誰もが腐敗が起きていることを知っているし、毎日が驚きの連続なんだ。ブラジルの人達だってそのことは好ましく無いと思っているはずだ。でも、子供たちにはプレーするためのチャンスがたくさんある。僕が手にしたパスと同じものを手にするためのフットボール・アカデミーが至る所にあるからね。僕が生まれ育った近所にもあればいいなと思ってる。」

「僕は彼ら若者たちの目標になりたい。彼らは僕が厳しい時期を乗り越えてきたのを見ているからね。それを見て彼らも同じ道を進んで欲しい。何も(成功しているのは?)僕だけじゃない。ハードワークをして僕らより成功している人達をリスペクトすれば、彼らだって同じことができるんだ。」

(ソース:Arsenal.com

 

 

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

篠崎愛「Reality」 [DVD]