読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

CL:オリンピアコス vs アーセナル戦プレビュー

UEFA CL 15-16
FAカップ3回戦の対戦相手が決定

FAカップ3回戦の組み合わせ抽選会が行われ、我らがアーセナルはホームでサンダーランドと対戦することに決まりました。試合は来年1月8日 or 11日に行われます。

(ソース:Arsenal.com

 

ベンゲル:あらゆるシナリオに対応しなければならない

グループ突破をかけたオリンピアコス戦では、最低でも2ゴールを決め、もし失点した場合は3−2以上のスコアで1点差勝利を飾る必要があります。単に勝てばいいという状況ではないため、あらゆるシナリオに対応できるよう準備を進めるとベンゲルは語ります…

ベンゲル監督

「我々は全てのシナリオに対する配慮が必要で、自分たちのパフォーマンスにも集中しなければならない。自分たちのプレーができれば結果は付いてくると思う。まずは自分たちのプレーをすることだ。ゴールを決められるかは分からないが、良いプレーをすればチャンスは回ってくるだろう。」

「メンタル面ではあらゆる状況に対応し、適切な答えを導き出せるように準備しなければならない。我々はピッチ上で何が起きても全てのシナリオを受け入れて適応し、レスポンスを示さなければならない。」

「忍耐が必要ない展開が理想ではあるけれど、その必要があればそうする。CLの試合では良く守って良く攻めるという基本的なことが重要になってくる。それがベストな方法だ。ただ、勝ちたいという欲望を持って試合に臨むときも、(攻守?)両方の試合が必要になるのだ。」

「もちろん、過去の成績を見ても我々はポジティブな結果を出している。我々はトップ・クォリティを発揮したベストなスタイルでプレーできるという事を知っているし、(オリンピアコス戦では)そのことに集中したい。」

(ソース:Arsenal.com

 

ベンゲル:グループを突破したら我々は危険な存在になる

 オリンピアコスに勝利し決勝トーナメント進出を決めた場合、アーセナルはどのチームにとっても脅威になるだろうとベンゲルは語ります…

ベンゲル監督

「遠くから巻き返すことになるだけに、もし我々がグループを突破したら誰に大きな脅威となるだろうね。グループ・ステージの試合を最初から見てみると、ザグレブ戦では10人でのプレーを強いられ、ホームのオリンピアコス戦ではオウンゴールを献上してしまうなど、それぞれの試合を見ると少々アンラッキーな部分もあった。しかし、我々がグループを通過したら危険な存在になるのは間違いない。」

「現時点では2〜3チームが大会の大本命になっている。上へ行こうと思ったら彼らを追いかける必要があるのだ。」

「大会で優勝しない限り、どのステージで敗退しても良い結果とは言えない。それが基本中の基本だ。その一方で、我々は15年連続グループ・ステージ突破を決めており、それは良い習慣だと言えよう。」

(ソース:Arsenal.com

 

フラミニ:欧州大会での経験が役立つと思う

オリンピアコス戦では、自身がこれまで欧州で経験してきたことが役立つと思うとフラミニは語ります…

フラミニ

「もちろん、僕にとってもクラブにとっても重要な大会だ。」

「グループを突破してアドベンチャーを続けるためにも、自分たちにクオリティがあるという事を証明する絶好の機会だと思う。誰もが注目しているし、僕はパートナーを手助けしたいと思ってる。」

「僕らにはビッグ・ゲームの経験があるし、勝ち進むめると確信してる。」

(ソース:Arsenal.com

 

ドゥビュシーが1月の移籍を志願

昨シーズン、怪我で離脱中にベジェリンが台頭し、復帰後も完全にポジションを奪われたドゥビュシーは、来年開催されるEUROでフランス代表入りを果たすためにも、出場機会を求めて1月に移籍したいとベンゲルに直訴したことを明らかにしました…

ドゥビュシー

「いまの僕には出場機会が必要なんだ。過去2戦はフランス代表にも呼ばれなかったしね。」

「明確なことだ。僕は出場機会を必要としているし、その件で直ぐにでも監督と話し合う必要があった。僕たちは1月にどんなオファーが届くか様子を見ているところだ。」

「僕はイングランドが好きだし、もちろんこのリーグも大好きだ。」

「あとはどんなオファーが届くか次第だけど…フランスへの復帰?もちろん歓迎する。まずは様子見だけどね。」

(ソース:Sky Sports

 

 

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生田絵梨花1st写真集 『転調』