Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

プレミアリーグ:アストン・ヴィラ vs アーセナル戦の結果と試合後のインタビュー

プレミアリーグ

アストン・ヴィラ 0−2 アーセナル

 

《得点》

アストン・ヴィラ

アーセナル:8’ジルー(PK)、38’ラムジー

 

【出場メンバー】

チェフ

コシエルニー

ベジェリン

モンレアル

メルテザッカー

ラムジー

ウォルコット → 64’オックスレイド=チェンバレン

キャンベル → 64’ギブス

エジル → 85’チャンバース

フラミニ

ジルー

 

=ベンチ=

オスピナ

ガブリエウ

ドゥビュシー

イウォビ

 

 

ベンゲル監督、試合後のインタビュー ※一部を抜粋

 素晴らしい1週間だったと思うが…

「水曜日の試合で死力を尽くした後だし、戻ってくるのも木曜日の朝と非常に遅かっただけに今日の試合は少し心配していた。アストン・ヴィラが残留争いをしているのは知っていたし、自信を失っているチームとの試合でしっかり勝つことが重要なポイントだと思った。2−0でハーフタイムを迎え、後半はもっと難しい試合になるだろうと考えていたが、事実彼らは良いプレーをしたと思う。アストン・ヴィラにもいくつかチャンスがあったからね。だが、我々は3点目を奪いに行くためのマネージメントが出来ていなかった。全体としてみれば、パフォーマンスをコントロールできていたし最高の1週間だったと思う。だが心配しないで欲しい。我々はすでにいくつか最悪な1週間を経験しているので、ある意味でバランスが取れたと言えるだろう。

 

ラムジーについて…

「きょうの彼は傑出したパフォーマンスを発揮していた。もちろん彼は中央でプレーする方がより自然だと考えているが、しばらくは彼をアウトサイドで使っていた。なぜなら、我々のプレーヤーが(相手の)ラインをプッシュしているとき、彼らはより短いテクニックを使う必要があるからだ。そして彼らが再び中央に戻ってきたとき、彼らはより良い選手になっているのだ。」

 

ジルーがプレミア通算50ゴールを達成したが…

「私は彼が最高のプレーをしていると確信しているが、ときどき彼のプレーが疑問視されることがある。最終的には彼の残した数字を見ることで人々も納得するだろうがね。チェフの場合は数字が必要ないが、ジルーの場合は必要になるのだ。彼は成長していると思う。リンク・プレーもよくなった。それに、我々がロングボールを使うとき、彼はとても興味深いオプションになる。」

 

なぜジルーはそれほど評価されないのか?

「彼には電撃的なスピードが無いからだろう。彼は他の選手よりもゴールを背にしてプレーし他の選手を引き入れるタイプの選手なのだ。したがって、ボールを持たないときの走り込みがとても素晴らしい。彼はとても効率的でチームにとって極めて重要な選手だ。それに彼は強靭なメンタルも持っている。」

 

怪我人について…

「最も復帰に使いのはアレクシス(・サンチェス)だ。だが我々の医学的な考えではマン・C戦には間に合わない。しかし、アレクシスはアレクシスだ。どうなるか分からない。」

 

マン・Cについて…

「まずは明日の試合を観てみよう。レスター vs チェルシー戦で仮にレスターがチェルシーに勝った場合、彼らはクリスマス中にリーグ首位に立つ素晴らしいチャンスを手にするだろう。ビッグゲームだし、我々としてはホームでシティに勝利したい。準備に8日間ある。興味深い期間だが、我々は少なくとも回復してから準備に取り掛かることができるだろう。」

(ソース:Arsenal.com

 

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あやカノ 森川彩香(生写真)(数量限定)(エアーコントロール) [DVD]