Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

チェフ:この時期の試合がタフな理由

チェフ:立ち直らなければいけない

サウサンプトン戦での大敗を受け、チェフは次節のボーンマス戦ではしっかりと立ち直らなければいけないとコメントしています…

チェフ

「僕らは自分たちの為に何も起きない、すべてが相手の為に起こってしまう様な試合をした。相手のシュート数を見てもそれは分かると思う。彼らは前半、シュート1本で1点を奪っているからね。」

「後半の2点も状況はほとんど同じだった。彼らは2本のシュートをしっかり決めたからね。全体的に見ても、ゴール前でこれだけ効率的なプレーをするチーム相手だと、試合に勝つのはなかなか難しいと思う。」

「僕たちも本来のパフォーマンスではなかったけれど、それがフットボールと言うものだ。特にプレミアリーグではね。そういう日であっても自分たちのスタイルを見つけられなかったら、試合に勝つのはとても難しいんだ。」

「ポゼッションはあったけどミスが多かった。後半はここぞという所で適切なパスを通すことができなかったと思う。僕らは効率性を欠いていた。フットボールはゴールを決めてなんぼだけど、今日の試合では殆どチャンスを作れなかったし、だからこそ罰を受けた。」

「月曜日に試合があるのはポジティブなことだよ。僕たちには立ち直る準備ができている。」

(ソース:Arsenal.com

 

メルテザッカー:相手のフィジカルに圧倒された

サウサンプトン戦後のインタビューでメルテザッカーは、サウサンプトンのフィジカルに圧倒されたとコメントしています…

メルテザッカー

「僕らは試合開始直後から精彩を欠いていたと思う。僕から見てもキレがなかったし、その状態で戦うには厳しい場所だ。」

「序盤から彼らのフィジカルに圧倒された。彼らは僕たちを窮地に追いやる信じられないゴールを決めたけれど、結局のところ僕らはスイッチを入れなければいけなかったし、同じ過ちを繰り返してはいけないと思う。僕らはホームで2つのビッグ・ゲームが控えているし、そのことに集中する必要がある。」

「僕達には(リーグ首位に立つ?)大きな可能性があっただけに、この敗戦は大きな痛手だよ。だけど、僕らは極めて迅速に立ち直る必要があるし、可能性の話はしないでおこう。ホームゲームに集中するだけだ。僕らのプレーは良くなかったけど、試合で何をすべきなのかを色々思い出させてもらったよ。集中してより良いプレーをするためにも良い教訓になった。」

(ソース:Arsenal.com

 

チェフ:この時期の試合がタフな理由

 チェフ

「僕がこのチーグについて思うのは、すべての試合で良いプレーをしなければ勝利を逃すリスクがあるということだ。それにはプレミアリーグ特有の特別な理由があるんだ。簡単な試合などないしチーム間の実力差が殆どないからね。」

「順位表を見ても分かると思うけど、ボーンマスはポイント面でこそ遅れをとっているけど、彼らにはポイントを獲得できた試合がたくさんあった。それらの試合に勝てたかもしれないけれど、運がなかったりクォリティを欠いたりしたため負けてしまった。」

「下位チーム相手のすべての試合が本当に厳しい。だからこそ、しっかりと集中して100%のプレーが出来なかったら、ポイントを落とす可能性があるんだ。最近ボーンマスと対戦したチェルシーやマン・Uに起きたこともそれだ。」

ボーンマスは本当に良い試合をしていたし、しっかりと戦いチャンスもあった。リードを奪えば彼らが試合をモノにできると思ったし、そして終始本当に素晴らしいプレーをしていた。」

プレミアリーグ全体のスカッドを見渡すと分かるように、どのチームにもたくさんの代表クラスの選手がプレーしている。代表クラスの選手がプレーしたいと思うのがトップ6のチームだけじゃないんだ。彼らがここへ来るのはプレミアリーグでプレーしたいという情熱からだ。それは特別なことだよ。」

「最近、すべてのチームが新たな肖像権やTV放映権の契約を結び、多額の資金を手にしたことでより優れた選手を獲得できる可能性が高まった。そのため、すごく(チーム間の)差が生まれにくくなっているし、すべての試合が厳しくなって来ている。」

(ソース:Arsenal.com

 

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

橋本梨菜/りな恋 [DVD]