Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ドゥビュシーのローン移籍で合意か?【アーセナル移籍ゴシップ】

ヤルモレンコ獲得へ向けて交渉中?

アーセナルディナモ・キエフ所属のウクライナ代表FWアンドリー・ヤルモレンコ(26)の獲得へ向けて交渉を行っていると報じられています。移籍金は2,050万ポンド(約34億円)。今シーズンのヤルモレンコは13ゴール8アシストを記録するなど活躍しています。

(ソース:Mirror

 

ドゥビュシーのローン移籍で合意か?

バーミンガム・メール紙の報道によると、アーセナルアストン・ヴィラはドゥビュシーを今シーズン末までローン移籍させることで合意に達したそうです。ASローマも獲得に動いていましたが、ドゥビュシーはイングランドに留まることを決めた模様。

ドゥビュシーはベジェリンにポジションを奪われており、EURO2016でフランス代表入りするためにも、出場機会を求めているといわれていました。

(ソース:Daily Star

 

ボルシアMGはジャカの移籍を容認へ?

 アーセナルリバプールバイエルン・ミュンヘンなどが獲得に乗り出していると噂される、ボルシアMGのスイス代表MFグラニト・ジャカ(23)ですが、クラブのエベールSDは魅力的なオファーが届けば放出に応じる姿勢であることを明らかにしました…

エベールSD

「その件に関しては、我々の成績やグラニトのパフォーマンス、そして提示された金額次第というところだ。もし彼ら(獲得を望むクラブ?)が一定の次元までくると、こっちはもうフラフラだ。そうなれば、あらゆるクラブが(移籍へ向けて?)配慮しなければならない状況が常に起きる。」

「ただ、すべては我々次第だ。現状では彼が居てくれることに満足しているし、そしてうまく行けば今後も長期に渡って留まり続けるだろう。」

(ソース:talkSPORT

 

 

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

川村ゆきえ 君と暮らせば [Blu-ray]