Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

”オランダのビエラ”と呼ばれる若手MFに興味あり?【アーセナル移籍ゴシップ】

メルテザッカー:再びユナイテッドに勝てる

メルテザッカー

「(前回勝利した試合では)僕らは本当に強かったと思うし、自分たちに自信を持ってプレーしていた。相手のゴール前でもボールを奪ったことで彼らは崩壊した。僕たちのプレーやリアクションには目を見張るものがあったね。」

「僕らは試合序盤からアクティブに動いていた。彼らにハイプレスを仕掛けて、できるだけ早い段階でボールを奪おうとしたのさ。それらが完璧に機能したと思う。今回の試合はまた違った試合になると思うけど、前回の試合と同じ努力が求められる。」

「できるだけ早くボールを奪うというのが僕たちのプランだった事もあって、ボールを持ってからゴールへ行くまでの距離が短くて済んだんだ。早い段階でボールを奪った時の僕たちは危険だよ。僕らもそのことを重視する必要があると思ってる。」

「敵地に乗り込んでも良いプレーができると言える。前回を上回る最高のパフォーマンスを披露できると思う。マンチェスターでの試合では素晴らしいパフォーマンスが求められるし、その点に疑いの余地はないよ。」

(ソース:Arsenal.com

 

ベンゲル:ユナイテッドに勝利するには特別なことが必要だ

ベンゲル監督 ※訳が微妙です

「マン・Uのタイトルの数を見ても分かる様に、オールド・トラフォードで彼らに勝利するには常に特別なことが必要だ。これまでの歴史を振り返っても、我々は彼らほどアウェーで勝ったことがない。そこに成功の秘訣があると思う。」

「10月の彼らとの対戦では素晴らしいパフォーマンスを発揮できた。彼らも少し驚いたと思う。我々は序盤からハイペースでプレーし、早い段階で試合を決めてしまったからね。我々のプレースタイルはペースとスピードを基盤としているので、(日曜日の試合でも)再び同じペースでプレーする必要がある。それが出来なかった場合は試合に勝てないだろう。」

「適切なタイミングで自分たちのレベルを上げなくてはならない。それができれば選手たちも個別の恩恵を受けるからね。我々の攻撃が上手くいっているときのアレクシス(・サンチェス)は非常に危険な存在だ。そのためにも、我々は協力してしっかりと攻撃に集中する必要がある。」

「今のポジションに上がって来るまで、厳しい苦難を乗り越えてきたことを忘れてはならない。レスター戦のハーフタイムまで、我々と彼らの差は8Pだった。それが今では彼らまで2P差に迫っている。この状況を利用しない手はない。」

(ソース:Arsenal.com

 

”オランダのビエラ”と呼ばれる若手FWに興味あり?

 アーセナルアヤックスに所属するオランダ代表MFリーシェドリー・バズール(19)への関心を強めているらしいです。移籍金は1,500万ポンド(約23.7億円)。バズールは「オランダのビエラ」と呼ばれており、オランダで最も将来を嘱望される若手MFの一人です。180cmを超す長身が特徴。U-21オランダ代表のほかシニア代表にも招集されており、3ヶ月前に行われたウェールズ戦で代表デビューを飾っています。

アーセナルはバズールの試合を全て視察に訪れるほど熱心だとか。アーセナルの他にはユベントスナポリドルトムントも獲得に興味を示しているとか。

(ソース:Mirror

 

アルシャビンカザフスタンのクラブへ移籍か?

ロシアリーグのクバン・クラスノダールと1月に契約解除していたアルシャビンですが、カザフスタン・リーグのFCカイラトへ入団する方向で交渉を進めている様です。すでにチームの練習には参加している模様。

アルシャビンは2009年〜2013年までアーセナルでプレーし105試合23ゴールという成績を残しています。2009年4月に行われたアンフィールドでのリバプール戦では、4ゴールを決める大活躍を見せました。

(ソース:Daily Mail

 

ウスマノフ氏がアーセナル株を買い増し

オーナーであるクロエンケ氏に次ぐ大株主であるウスマノフ氏が、このほど自身が所有するアーセナル株を買い増し保有比率が30.04%に達した様です。これによりオーナーに次ぐ大株主としての地位を揺るぎないものになり、クラブに対する影響力が強まることになります。また、自身の投資ファンドを通じてアーセナル買収に動くとの一部報道もあります。

ウスマノフ氏は今回の買い増しについて「長期的な投資」であると語り「長期に渡り保有することで、何世代にも渡り家族に利益をもたらすだろう」とコメントしています。

ウスマノフ氏の総資産は約127億ドル(約1.4兆円)で、チェルシーのオーナーであるアブラモビッチ氏の総資産を大きく上回っています。

(ソース:Daily Mail

 

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

My CONCLUSION