読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

カソルラはマン・U線も欠場へ?アレクシスは間に合う?

ムスタフィ:僕がどうやって他の人に刺激を与えることができるか

アルバニアにルーツを持つムスタフィは数多くいる多国籍選手の一人ですが、自身が成功を収めることで複数の文化を持つ人々に刺激を与えられるとコメントしています…

ムスタフィ

「僕ら(多国籍な選手?)にとっては普通のことでも、他の人たちからしたら奇妙に見えるかもしれない。」

「メスト(・エジル)や僕みたいな人達もそうだけど、代表チームの他の選手たちは皆ドイツで生まれ育っている。僕達はドイツの学校に通っていたし、家族もまだドイツに住んでいる。だから、僕達にとってはそれが当たり前なんだ。」

「たくさんの人々が『生粋のドイツ人またはドイツ人ハーフでもないのにドイツ代表に選ばれる選手がとても多い』と言うけれど、僕らは全くそう思わない。そこは重要ではないと思っている。自分の国かクラブかに関わらず、自分が誰のためにプレーしているかを認識する必要がある。それだけだよ。」

「僕が14歳だった頃、祖父のことをよく考えていたんだ。僕は祖父のことが大好きだし、彼がこれまで成し遂げてきたことを本当に尊敬しているからね。だから、今のドイツで言えばシリアから来た少年達に対して、僕は彼らが正しい道を歩み続ける力を与えられる存在だと思ってるんだ。」

フットボールには大きなプレッシャーが伴う。プレーのパフォーマンスだけではなく、他の部分での行動に関しても世界中の人達に見られているからね。あらゆる面で正しい行動しなきゃいけないという大きなプレッシャーがある。もしそこから外れた行動を取ると直ぐ新聞沙汰になるからね。」

「時にはそのことを忘れてしまう場合もある。自分のパフォーマンスや自分自身に満足しているときはね。でも『子供達は自分のことを見て真似するから、正しい行動を取らないといけない』と思うんだ。」

(ソース:Arsenal.com

 

カソルラはマン・U線も欠場へ?アレクシスは間に合う?

 現在、アキレス腱の怪我で離脱中のカソルラですが、直ぐの復帰はないだろうとスペインのラジオ番組で語ったそうです…

カソルラ

「正確な復帰時期はまだ分からない。なるべく早くチームに復帰しようと努力はしているけれど、直ぐに復帰できるのか、もしくはまだ数週間掛かるのかは分からない。」

「時期は言えないけど、なるべく早く戻れることを願っているよ。」

(ソース:Sky Sports

 

また、Skyスポーツによると、アレクシス・サンチェスはマン・U戦でプレーできる見込みだそうです。チリ代表のトレーニング中にハムストリングを痛めていたアレクシスですが、15日に行われたウルグアイ代表とのW杯南米予選には先発出場し2ゴールを決める活躍を見せています。

ベンゲルウルグアイ戦の前に、怪我の状況把握のためクラブのメディカル・スタッフに診察させて欲しいとコメントしていました。

(ソース:Sky Sports

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

WORLD SOCCER DIGEST 2016.12.1 NO.472
日本スポーツ企画出版社 (2016-11-17)
売り上げランキング: 2,609

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滝口ひかりファースト写真集 tackey,lucky ducky!