Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

16-17プレミアリーグ:ウェストハム vs アーセナル戦の結果と試合後のインタビュー

16-17 プレミアリーグ 第14節

ウェストハム・ユナイテッド 1−5 アーセナル

 

《得点》

ウェストハム:83’キャロル

アーセナル:24’エジル、72’&81’&87’アレクシス・サンチェス、84’オックスレイド=チェンバレン

 

【出場メンバー】

チェフ

ガブリエウ

モンレアル

コシエルニー f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

ムスタフィ

ウォルコット → 66’ラムジー

コクラン f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

オックスレイド=チェンバレン

ジャカ

A・サンチェス

 

=ベンチ=

オスピナ

ホールディング

ギブス

エルネニー

イウォビ

ルーカス

 

ベンゲル監督、試合後のインタビュー ※一部を抜粋

 印象的な後半について…

「そういう見方もできるかもしれないが、我々はほぼ90分間に渡り力強いチーム・パフォーマンスを発揮しており、劣勢になることは殆どなかったと思う。唯一残念なことは、前半のチャンスをモノに出来なかったことだ。ハーフタイムの時点で1-0と少々物足りない感じがしていたし、その事がどの様な心理的影響を与えるかも分かっていた。だが、我々はその後もウェストハムへのプレッシャーを弱める事なく、非常に力強い方法で試合を終える事ができたと思っている。我々は常に危険な存在だったし、相手のゴール前でボールを失った時もすぐさま奪い返すことができた。我々の攻撃が中断してしまった時も、常に違いを生み出すべく努力した。それに、我々は十分に忍耐強かったと思う。試合を支配しボールを上手くキープできていたし、今日は強力なチーム・パフォーマンスを発揮できたと思う。」

 

アーセナルの攻撃面での才能について…

「なんとも言えない。あらゆる試合で個別の問題が発生するものだからね。いま我々がアウェーでホームよりもゴールを量産する姿を目にしたところだ。それは相手が(ホームということで?)前へ出て来がちになるからだろうか? それとも、我々が(ホームでのプレッシャーから解放されて?)より自由なプレーが出来ているからだろうか? この辺を分析してみるのも面白いかもしれない。我々はホームから遠く離れたブロックでプレーしたと言えるだろうか? アウェーでの我々の成績は非常に説得力があると言える。」

(ここまでのソース:Arsenal.com

 

アレクシスについて…

「見ての通り、彼はトップクラスのストライカーになるために必要な全ての素質を兼ね備えているし、今は全ての試合でその能力を発揮している。今日の様な試合だと、彼は再びスピードを発揮してすぐにゴールを奪うことができ、ドリブルもできる。彼にはゴール・キラーとしての本能が備わっており、南米の選手が世界のフットボール界でトップのストライカーだと言うことを再び証明している。そのことは認めなければならないだろう。ヨーロッパにいるトップ・ストライカー達を見渡せば、現在のところ基本的に南米の選手ばかりだからね。」

 

アレクシスは怪我をしているのか?

「ハーフタイムのときは背中に違和感を訴えていたが、後半の彼は最初のときよりも動きにキレがあった様に見えた!」

(ここまでのソース:Arsenal.com

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【Amazon.co.jp限定】久松郁実 それいく! in ニューカレドニア(オリジナル生写真付) [DVD]