読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

エジル、アレクシスに続きオックスも移籍を検討か??【アーセナル移籍ゴシップ】

2016-2017シーズン 移籍情報
リンカーン・C戦へ向けてのチームニュース

ベンゲル監督

「(トレーニング中に口論があったとウォルコットがコメントした件については)かなり話が誇張されて広められていると思う。我々は素晴らしいユニットであり、断固たる決意を持ったグループだ。期待外れの結果を経験したときは、常に若干の意見の相違はあるものだ。しかし、総合的に見ればベストなレスポンスの方法というは常に試合の中にある。つまり、我々がどれだけ団結しているかを示す必要があるのだ。総じて私は特に心配していない。我々の仕事には競争力が求められるが、競争力と愛情が直結している訳でもないからね。どういうパフォーマンスを発揮するかだ。過去を振り返っても、フットボール界最高のチームが、お互いへの愛情で溢れていた訳ではない。」

「(オックス(オックスレイド=チェンバレン)が今夏に移籍するとコメントしたという報道は)まだ見ていない。彼は順調に成長していると思っていただけに驚いているよ。今のところ彼は順調に成長していると思うし、チャンスも与えられているからね。何処かへ行くのではなく、まずはここにいて欲しいと思っている。私に言えることは唯一つだけで、それは彼のことを高く評価しているということだ。その証拠に、私は彼が長期離脱している間も、彼のことを信頼し続けてきた。今の彼はとてもよく成長していると思っている。」

「私個人としては来シーズンもオックスがクラブに止まることを願っている。彼はとても将来有望な選手だと思うし、クラブもそう評価しているはずだ。」

「次の試合はFAカップだが、もちろん先日の試合で失望を味わってしまったのだから重要な試合になる。」

「(土曜日の試合では)我々の方が本命とされているが、ビッグ・クラブの場合は90%の試合で本命になる。我々はそれに対処しなければならない。次の試合もそうだ。人々は次の試合で我々が勝つだろうと期待しているので当然プレッシャーはあるよ。」

(ここまでのソース:Arsenal.com

 

「不確実な部分が二つある。一つはウェルベックで、バイエルン戦ではウォーミングアップ後に体調不良で(スタメンから)外れる必要があった。また、当日はイウォビにも同じ問題が起きた。他の選手は全員問題ない。」

エジルを起用するかはまだ決めていない。彼は試合後も状態があまり良くなかったからね。トレーニングでの彼がどんな様子か見ているところだ。それに、土曜日の試合でプレーするメンバーはまだ決めていない。」

「(ローテーションを行うかについては)私は常にクォリティがあり勝つチャンスのあるチームで挑むと決めている。もちろんその方針は変えない。」

「何らかのウィルスが蔓延している可能性はある。今後にとっても少々問題だ。ウィルスかどうかも私には分からないがね。ただ、彼らは朝の段階で私に連絡を入れてきた。そしてイウォビはプレーすることが出来ず、ウェルベックも午後5時になって体調が悪いと申し出てきた。もちろん、我々はまだ彼をプレーさせたいと思っているが、ウィルスの可能性もある。分からないよ。」

「(感染を広めない方法は?)それはドクターの仕事だ。十分な対策は取っているよ!」

(ここまでのソース:Arsenal.com

 

エジル、アレクシスに続きオックスも移籍を検討か??

 来シーズン末で契約切れとなるエジルの契約延長交渉について、アーセナルが週給28万ポンド(約3,917万円)の新オファーを提示したらしいです。エジルの現在の給与は週給14万ポンド(約1,958万円)で、出来高を入れると20万ポンド(約2,798万円)となり現時点でもアーセナルで最も高給取りでが、アーセナルはなんとしても流出を阻止すべくさらに金額を上乗せしてきた様です。ただ、エジルは他クラブへ移籍すればもっと稼げることは理解している様です。

同様にアレクシス・サンチェスとも契約延長交渉に進展が見られません。アレクシスはタイトル獲得を熱望していますが、リバプールに敗れタイトル・レースから後退し、バイエルンに大敗したことでCLから敗退しました。アーセナルからは週給20万ポンド(約2,798万円)を上回るオファーを提示されていますが、この様なチーム状況から今夏に移籍する可能性が高まっています。

そして彼ら二人に続きオックスレイド=チェンバレンも今夏の移籍を検討し始めたと噂されています。彼も来夏で契約切れとなりますが、未だに契約更新はされていません。イングランド代表でコンスタントにプレーするためには新たな環境でプレーする必要があると考え始めているらしいです。マン・Uやマン・Cが獲得に動いているとか。

(ソース:Mirror

 

レーマンベンゲルはまだアーセナルを成功に導ける

バイエルン戦の大敗によりベンゲル限界説が勢いを増していますが、黄金期を支えたレジェンドであるレーマンはその考えに否定的です…

レーマン ※訳が微妙です

「彼は残るべきだと思う。クラブにとても尽くしているからね。」

「人々は彼の年齢を問題視している。彼がまだクラブに何かをもたらすことができるのであれば、人々に影響を与えられると思う。しかし、人々は新監督がフレッシュな空気をもたらしてくれることを期待している。」

「だがその一方で、知性というのは置き換えるのが非常に困難なのだ。そして、我々は彼がとても知的な人物であり監督であることを知っているし、まだ情熱を持っていることも知っている。」

「彼がクラブのために行ってきた全てのことは、悪い結果を出したからと言って無くなるものではないと思う。」

「もう少しの時間と新戦力が必要だと思う。そうすれば来シーズンは状況が一変するかもしれない。」

(ソース:talkSPORT

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

インヴィンシブル―アーセナルの奇跡
エイミー・ロレンス
三賢社
売り上げランキング: 15,808

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<デジタル週プレ写真集> 山崎真実「次の扉」