Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

アレクシスに週給27万ポンドをオファーか?【アーセナル移籍ゴシップ】

FAカップ決勝チェルシー戦へ向けてのチームニュース

ベンゲル監督

オックスレイド=チェンバレンはトレーニングに復帰しており競争中だ。」

「アレクシスは問題ない。」

「(アレクシスがスタメン出場するかについては)様子を見ているところだ。現時点で彼はいくつかのテストをパスする必要がある。それによって、彼の状態がどの程度かを把握することができる。選手を知り、キャラクターを知り、彼のクラブに対するコミットメントを知れば、何の疑問も持つことはない。彼は間違いなく土曜日にフィットするために全力を尽くすからね。」

「ムスタフィに関してはまだ心配な点がある。彼は今も体調を崩しており、まだトレーニングに参加していないからだ。」

「ムスタフィにプレーするチャンスがあるのかは分からない。まずはメディカル・スタッフ達の話を聞く必要がある。」

「ガブリエウは6〜8週間の離脱だ。我々は十字靭帯の損傷を恐れていたが、膝の靭帯を痛めただけなので手術は回避できる。現状、彼が8月まで離脱するのは間違いない。」

(ソース:Arsenal.com

 

メルテザッカーのスタメン出場なるか?

コシエルニーが出場停止でガブリエウ、そしてムスタフィが離脱中とCB 3人を欠いた状態でFAカップ決勝を迎える厳しい状況の中で、メルテザッカーのスタメン出場の可能性が高まっています。今シーズンは怪我の影響で満足にプレーできていませんが、リーグ最終節では出場しています…

ベンゲル監督

「ペア(・メルテザッカー)にはリーダーの資質がある。だが、彼がスタメン出場するかは分からない。長いこと90分間プレーしていないからね。」

「土曜日までには決断を下すが、まだそこまで心配はしていない。私がどういうシステムを選択するか次第だ。」

(ソース:Arsenal.com

 

メルテザッカー:このクラブを愛している

FAカップ勝戦前のプレス・カンファレンスに登場したメルテザッカーのコメントです…

メルテザッカー

「半年間に渡ってプレーできなかったから厳しい時期だったよ。年が明けてチームと一緒にトレーニングを再開してからは、トレーニング・グラウンドで全力を尽くしてきたし、できる限りチームをサポートしようとしてきた。」

「いわば脇役みたいなものだけど、そういう役割に満足していた訳じゃないよ。だけど、選手達が落ち込まない様にするためにも、何があっても盛り上げようと思ったんだ。今シーズンの僕らは厳しいシーズンを過ごした。だけど、今は誰もがクラブのために全力で最終戦を戦うことを熱望していると思う。」

「今年は殆どプレーできていないけれど、僕には15年の経験がある。だから、何が起きてもしっかりと準備ができると思っている。これは僕の考えだけど、土曜日の試合で何が起きるか、もしくはどんな事に直面しようとも、僕はそれに立ち向かうつもりだ。」

「僕はこのチームとクラブに恩がある。120分間+PK戦までの準備が整っていることを確認しておきたい。」

(ソース:Arsenal.com

 

アレクシスに週給27万ポンドをオファーか?

 デイリー・メール紙によると、アーセナルは契約が残り1年となり今夏の移籍市場で複数のクラブが獲得に動いているアレクシス・サンチェスを引き止めるべく、週給27万ポンド(約3,906万円)の契約更新オファーを出した模様です。アレクシス側は週給30万ポンド(約4,340)を希望している様なので金額に若干の開きがありますが、アーセナルのオファーには週給に加えてインセンティブ契約も含まれているらしく、アレクシス側の希望にかなり近い内容らしいです。

今週末のFAカップ勝戦以降に交渉を本格化させる予定だとか。また、同じく契約が残り1年となり今夏の移籍が噂されているオックスレイド=チェンバレンとも契約更新交渉を行う予定だとか。

(ソース:Daily Mail

 

モラタはミランへ?

アーセナルが獲得に動いていると噂されるレアル・マドリーのスペイン代表FWアルバロ・モラタ(24)ですが、移籍先としてACミランを選択するらしいと報じられています。モラタはジダン政権下でベンゼマの控えというポジションに不満を募らせていると噂されており、今夏の移籍が取り沙汰されています。移籍先としてアーセナルの他チェルシーやマン・Uの名前が挙がっていましたが、ACミランへの移籍を選ぶらしいです。ミランは中国資本への正式な移行を経て、多額の投資を行う用意が整っている模様です。

(ソース:Mirror

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

⬇️日本語版の発売が決定!⬇️