Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ラカゼットがメディカル・チェックを通過【アーセナル移籍ゴシップ】

ラカゼットがメディカル・チェックを通過

BBCによると、ラカゼットがアーセナルのトレーニング・グラウンドでメディカル・チェックを受け、無事にパスした模様です。移籍金は4,500万ポンド(約66億円)になる見込み。

(ここまでのソース:BBC

 

また、SKYスポーツによるとラカゼットがメディカル・チェックを通過したのを受けて、アーセナルはリヨンとの間で正式に移籍へ向けた契約を結び、そのあとラカゼットと5年契約を結ぶ予定となっている様です。

(ソース:Sky Sports

 

アレクシスは残留を決意?

 アーセナルと数ヶ月に渡り契約延長へ向けた交渉を続けているものの、未だ合意に至っていないアレクシス・サンチェスですが、チリのメディアによると、アレクシスはアーセナル残留を決意したらしいです。

(ソース:Daily Express

 

カソルラは新シーズンも棒に振る可能性?

 昨年の11月以来、アキレス腱の怪我で長期離脱しているカソルラですが、アーセナルとの契約が残り1年となった新シーズンも復帰する可能性は低いとデイリー・エクスプレス紙が報じています。カソルラは昨年10月に行われたCL ルドゴレツ戦でプレーしたのが最後となっています。当初の予定では3週間ほどで復帰できる予定でしたが、何度も手術を繰り返すこととなり、未だに復帰の目処が立っていません。

カソルラは5月に自身の状況を次の様に語っていました…

カソルラ

アーセナルは僕にとてもよくしてくれている。監督も僕に話しかけてくれて落ち着かせてくれるしね。」

「11月以来プレーしていないし厳しいシーズンだったよ。8回も手術を受けたからね。」

「昨日、最後の手術を受けたんだ。すべてが上手く行くと良いんだけどね。」

「11月以降、合併症が出てしまってね。どうやら手術室にバクテリアがいたらしくて、それが骨に感染してしまった様なんだ。だから、傷口を閉じることもできず、皮膚移植を受けるハメになったのさ。」

 

カソルラは先日、自身のInstagramにジムでトレーニングしている様子を投稿していましたが、復帰にはまだまだ程遠い状態らしいです。今シーズン末で契約切れを迎えますが、契約延長をオファーするかは不透明です。昨年のルドゴレツ戦がアーセナルでのラスト・ゲームになる可能性もあるとか。

(ソース:Daily Express

 

エバートンがジルー争奪戦に参戦か?

エバートンのスカウトがイタリアのラジオ局で、ルカク流出に備えてジルーの獲得に動いているとコメントしたらしいです。エバートンは移籍金として2,000万ポンド(約29億円)を準備しているとも語ったとか。エバートンナポリのコロンビア代表FWドゥバン・サパタ獲得へ向けて動いていましたが、ナポリとは物別れに終わった様です。

(ソース:Mirror

 

レーマンをGKコーチとして招聘へ?

ガーディアン紙によると、アーセナルイェンス・レーマンをトップ・チームのGKコーチとして招聘する方針らしいです。現在GKコーチを務めるジュリー・ペイトンはそのまま残り、レーマンは統括する立場になる見込みだとか。

レーマンは2003年7月にドルトムントから加入すると、すぐに無敗優勝の主力メンバーになりました。2007/2008シーズンを最後にチームを去りましたが、2011年には3名のGKが怪我で離脱するという緊急事態に陥ったアーセナルが3ヶ月限定での現役復帰を打診し、1試合に出場しました。

(ソース:The Guardian

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

菅井美沙/ちゅらみさ [DVD]