Arsenal Watch

2008年4月からアーセナル関連のニュースを記録中。噂はあくまでも噂です。

ラカゼット:僕らは完璧だったし素晴らしい勝利だ

ベンゲル監督のW.B.A.戦後のインタビュー

試合について…

「前半は一進一退の展開でW.B.A.がとても良いプレーをしていた。彼らはとてもフィジカル的で、これまで通り非常に統率が取れていた。全体的に見て、我々には一つの特別な状況が生まれた分、運が良かったと言えるかもしれない。ただ、1-0でハーフタイムを迎えたことで、後半は上手く試合をコントロールできていたし勝利に値すると思う。」

 

ラカゼットについて…

「彼は自信を身につけているし、プレミアリーグで求められることにも迅速に適応していると確信している。これはとてもポジティブなことだ。今後はアウェーでもゴールを挙げる必要があるけれど、アウェーのストーク戦は不運だったと言えるだろう。総じて、ホームでゴールを奪い続けているのは良い兆候だと思う。」

 

アレクシスとのパートナーシップについて…

「どちらもゴールを決めることもアシストを行うことも出来るので、私は彼らのポジティブな反応に期待している。もちろん、パートナーシップのトレーニングも行なっているが、激しい競争の中で共にプレーすることがベストな方法なので、とても早く構築されると考えている。」

 

モンレアルとエルネニーのとても素晴らしいパフォーマンスについて…

「彼らは突出していた。私は二人の活躍をとても嬉しく思っているが、エルネニーは常にプレーできている訳ではないので特に嬉しい。今夜のプレーは非常にポジティブなものだった。彼らは最高のメンタリティを持つトップ・プレーヤーだ。」

 

(チームが)勢いづいてきた様だが…

「そうだね。今は我々の守備が安定しているのが分かると思う。シーズン開幕時はあまりにも失点が多かった。常に失点している様では望みが薄いが、今の我々はとても安定している。」

(ソース:Arsenal.com

 

ラカゼット:僕らは完璧だったし素晴らしい勝利だ

 ゴールを決めることで歴史を作っているが…

「そう言われているらしいね。ただ、僕は特定の記録を求めている訳ではなくて、チームでの安定感を求めているんだ。僕らはクリーン・シートで勝利した。ポゼッションもゴールも全てが完璧だった。」

 

ここ数週間でチームが盛り返している点について…

「9月中の僕らは守備の再建を行なった。僕たちはそのことに一緒に取り組んでいる。」

 

スカッドはまとまっているのか…

「チームがパニックに陥ったこともないし、共に協力していくことが効果的だということは分かっていた。」

(ソース:Arsenal.com

  

ジャカ:ラカゼットはゴール前でとても冷静だ

 ジャカ

「彼は僕たちにとって重要な選手だよ。彼のクォリティは僕らも分かっているし、彼はゴール前でとても冷静なんだ。今後もそれを続けて欲しい。僕自身もすごく満足しているよ。」

チェルシー戦の内容で僕らの士気も上がったし自信にもなった。そして、ウェストブロム相手に素晴らしいパフォーマンスを披露できたと思うし、クリーンシートを守ることができた。これらは僕達にとってすごく重要なことで、2-0という結果にとても満足している。」

「ファンが僕達のことを支えてくれることで、僕らも自由にプレーすることができる。ホームでの僕らは強い。これまでもそうだった。ホームで勝つことができて嬉しいよ。今後はアウェーでも同じ様に勝利を納めていきたい。」

(ソース:Arsenal.com

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

林田真尋 ファースト写真集 『 MH0507 』