Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

アレクシスは1月にマン・Cへ?【アーセナル移籍ゴシップ】

アレクシスは1月にマン・Cへ?

マン・Cが1月の移籍市場でのアレクシス・サンチェス獲得に自信を見せているらしいです。マン・Cは今夏の移籍市場で6,000万ポンド(約89億円)のオファーを提示したもののアーセナルに拒否されていました。しかし、アレクシスとアーセナルの契約は今シーズンまでとなっており、来年の1月からは全てのクラブと自由に交渉を行える様になります。

アーセナルとしては来夏にFAで退団させるより、1月の移籍市場で売却したいと考えているらしいです。マン・Cとしても半年待てばFAで獲得できる可能性がありますが、激しい争奪戦になることが必至のため、移籍金を支払ってでも1月に獲得したい意向だとか。契約が残り半年になり移籍金は2,000万ポンド(約30億円)ほどになると見込まれているとか。

(ソース:The Sun

 

マルシャルへのオファーを門前払いされる

アーセナルがアレクシスの後任としてマン・Uのフランス代表FWマルシャル(21)獲得に動いていると報じられましたが、アーセナルがマン・Uへ打診したところ門前払いされた様です。マン・Uの関係者によるとベンゲルに対してアーセナルがマルシャルを獲得できる可能性は全くない。彼はクラブに満足しているし、仮に彼が移籍を希望してもアーセナルへ売却することはない。」と云われたらしいです。

(ソース:Daily Star

 

PSVのメキシコ代表ウィンガーに興味あり?

 アーセナルPSVアイントホーフェンのメキシコ代表WGいるビング・ロサノ(22)のスカウティングを進めていると報じられています。アーセナルはアレクシスの後任として考えている様です。ロサノは今夏の移籍市場でパチューカからPSVに加入するとすぐに適応し、ここまで6試合6ゴールと大活躍しています。

ロサノとPSVの契約はまだ6年残っており、移籍金は2,000(約30億円)になると見込まれています。なお、ロサノ自身はマン・Uの大ファンであることを公言している様です。

(ソース:Daily Express

 

インテルユベントスがジルー獲得に動く?

インテルユベントスが来夏の移籍市場でジルー獲得に動くべく準備を進めているらしいです。ジルーは先日フランスのTV局のインタビューで、今夏の移籍市場でエバートンへの移籍が合意寸前まで行ったもののアーセナル残留を選択したことを明かしていました。ですが当初の予想通り、ラカゼットの加入により出場機会が減っており、公式戦11試合でスタメンは僅かに3試合でゴールも2得点と厳しい状況です。

この様な状況のなか、インテルユベントスがリストアップしているそうです。インテルイカルディ以外に計算できるストライカーが不在で、ユベントスマンジュキッチの後任としてジルーの獲得を検討しているらしいです。

(ソース:Daily Express

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユリカラフル 橘ゆりか7 [sabra net e-Book]