Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ベンゲル:エジルとアレクシスを1月に放出する可能性を排除せず

ワトフォード戦へ向けてのチームニュース

ベンゲル監督

「まだ全ての選手と会っていない。なぜなら、アレクシスと同じく何人かの選手は今日戻って来る予定だからだ。今のところ我々が抱えている小さな問題はコラシナツだ。今日チェックを行うが、彼は臀部に少々問題がある。また、我々はムスタフィを4週間〜6週間ほど欠くことになる。つまり、次の代表戦ウィークまでに彼が復帰することは無いと考えている。エジルウェルベックは通常のトレーニングに復帰している。」

「コシエルニーは明日、最終的なテストを行う。現時点では彼もワトフォード戦を欠場する予定だ。彼は一人でトレーニングを続けているが、最初の兆候はポジティブなものだった。だから明日テストを行うことにした。」

「(ムスタフィとコシエルニーの離脱により守備に影響が出るのでは?)もちろんだ。私は問題にどう対処するか考えているが、全ては明日結論を出すことになる。コシエルニーがテストを受けた後でだ。彼はフィジカル面でハードワークを続けてきたが、テストをクリアすればプレー出来る様に思える。アキレス腱に痛みが無ければプレー可能だと考えている。明日その決断を下す。」

「ムスタフィの怪我を予測するのは難しかった。なぜなら、代表戦ウィーク中に最も離脱する可能性が低いのがムスタフィだと思っていたからだ。その理由として第一に、彼が必ずプレーするという確信がなかったこと。第二に、ドイツは既にW杯出場権を得ているので激しい試合にはならず、怪我をすることは無いだろうと思っていたからだ。彼は最初の試合でプレーしていなかったが、彼は2試合目となるホームのアゼルバイジャン戦で負傷してしまった。我々はこの状況に対処しなければならない。」

「コラシナツは臀部に少し問題を抱えている様だが、まだ私は彼に会っていないのだ。今日の朝チェックを行うつもりだが、彼のニュースはとてもポジティブだ。」

エジルはドイツ代表の試合ではプレーできなかったが、今はプレー可能な状態だ。彼は1週間トレーニングを受けただけなので、フィジカル面が完全に元に戻った訳ではないと思うが、プレーすることは出来る。もう何の問題もない。」

ウェルベックも再び選択可能だ。予想より少し早い復帰だ。」

(ソース:Arsenal.com

 

ベンゲルエジルとアレクシスを1月に放出する可能性を排除せず

 エジル代理人アーセナルとの契約交渉は順調だとコメントしたことで、エジルの周辺が再び騒がしくなっています。この件について、ベンゲルもプレス・カンファレンスで質問され前向きなコメントをしていますが、1月の状況次第では放出もあり得ると語っています…

 

エジルのエージェントが新たな契約締結へ向けて楽観的なコメントをしているが…

「Yes、私もその様に理解している。私が常々述べていることだが、昨年契約更新ができなかったからと言って、必ずしも選手が移籍するとは限らないのだ。エジルとアレクシスは二人ともここに満足している様に見えるし、私としては総じて状況が好転することを願っている。」

 

合意には達しているのか?

「今のところ、我々からすぐに発表できる様なことはない。」

 

エジルとアレクシスの契約延長交渉に期限を設けているのか?

「いいや、現時点では何も設定していない。」

 

クラブは1月での売却も検討しているのか?

「我々はあらゆる種類の解決策を考えている。Yes、その可能性はある。」

(ソース:Arsenal.com

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長濱ねる1st写真集 タイトル未定