Arsenal Watch

2008年4月からアーセナル関連のニュースを記録中。噂はあくまでも噂です。

17-18 プレミアリーグ:バーンリー vs アーセナル戦の結果と試合後のインタビュー

17-18 プレミアリーグ 第13節

バーンリー 0−1 アーセナル

 

《得点》

バーンリー:

アーセナル:90’アレクシス・サンチェス(PK)

 

【出場メンバー】

チェフ

ムスタフィ

コシエルニー

モンレアル

ベジェリン

ラムジー

ジャカ

コラシナツ

イウォビ → 67’ウィルシャー

アレクシス

ラカゼット → 78’ウェルベック

 

=ベンチ=

オスピナ

メルテザッカー

コクラン

メイトランド=ナイルズ

ジルー

 

ハイライト動画

 

 

ベンゲル監督、試合後のインタビュー

メスト(・エジル)の欠場について…

「私も彼に会っていない。ドクターが私のところへ来て、今日は彼を帰す必要があると言われたのだ。彼は我々と一緒にホテルに滞在していたのだが帰ることになった。そこで、メイトランド=ナイルズを連れていくことにした。彼は午後1時に到着したばかりだが、メストが抜けて我々は17名しかいなかったのだ。水曜日はプレーできるか? 水曜日の復帰は確実に短すぎると思う。」

 

アレクシスについて…

「後半はもっと中央へプッシュさせる様にしたのだが、かなりの効果があったと思う。前半はチームプレーに徹していて、本来のプレーができていなかった様に感じた。後半は遥かに危険な存在だったし、彼のクリエイティブさが相手の脅威になっていたと思う。」

 

ジャック(・ウィルシャー)のパフォーマンスについて…

「彼は問題なかったと思う。彼の持つちょっとした爆発力は相手にとって脅威なので起用した。彼は集中し毅然としていたと思うし、それは我々が彼に期待していたものだった。我々は非常に多くの試合をプレーしており、彼は調子を上げていて試合の度に強くなっている。」 

 (ここまでのソース:Arsenal.com

 

PKの判定について…

「外から見ている分には明らかなPKに見えた。もう一つベジェリンの時にもあったと思うがね。バーンリーが失望しているのは理解できるが、外からはPKの様に見えた。」

ラムジーと話せば分かると思うが、彼は地面に身を投げ出した訳ではない。彼はフリックしてボールを戻すつもりだったと話している。彼は背中を押され、その影響で首を痛めている。かなり強く押されたと言っていた。」

 

バーンリーについて…

「前半の我々は少しスローな感じがしていたが、後半はラストパスのミスが多かったもののペースはだいぶん良くなったと思う。それは我々が良いボールを入れられなかっただけなのか? それとも相手の守備が良かったからか? 確かに彼らはとてもよく守っていた。非常によく組織されていたし、とてもクレバーでダイレクトプレーも良かった。彼らと対戦すれば22Pを獲得している理由が分かるよ。」

「前半は我々よりも動きにキレがあり非常に拮抗した試合だった。試合のペースを掴むまでだいぶん時間が掛かってしまった。」

「後半は全て我々がコントロールしていて、彼らに多くの問題を強いたと思う。我々は少し変更を加えると共に前線を少し押し上げた。」

「我々にとってはトテナム戦の勝利後に、アウェーでの難しい試合で勝利を収めることが非常に重要だった。そしてそれを実現させることができた。チームが自信を得る意味でも重要な勝利だったと思う。」

(ここまでのソース:Arsenal.com

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

THE WENGER REVOLUTION: Twenty Years of Arsenal ヴェンゲル20周年 アーセナル写真集
エイミー・ローレンス
ソル・メディア
売り上げランキング: 234,932

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<デジタル週プレ写真集> 佐野ひなこ「LOVE DENIM」