Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

アレクシスの後任はドラクスラーか?【アーセナル移籍ゴシップ】

アレクシスの後任はドラクスラーか

アーセナルは1月の移籍市場でアレクシス・サンチェスが移籍した場合、パリSGのドイツ代表FWユリアン・ドラクスラー(24)獲得に動く方針らしいと噂されています。アーセナルとの契約が今シーズンまでとなっているアレクシスに関しては、来夏にFAとなる可能性が高いといわれています。アレクシスはバルセロナ時代の恩師であるグァルディオラ率いるマン・C行きを希望していると以前から報じられています。

アーセナルはFAとなる前に1月の移籍市場で売却したい考えの様ですが、あくまでも適切な移籍金のオファーがあって尚且つ後任の選手を確保できた場合に限るという方針らしいです。マン・Cがアレクシス獲得に熱心だと言われていますが、アーセナルはシティが3,000万ポンド(約45億円)の移籍金を支払うなら1月の売却も容認する方向だとか。

そしてアーセナルは、1月にアレクシスが流出した場合に備えて、パリSGに対してドラクスラーの状況を問い合わせたと報じられています。パリSGから移籍金は4,000万ポンド(約60億円)との返事があったらしいです。なお、ドラクスラーはネイマールの加入によってチーム内の序列が下がっており出場機会が減少しています。

(ソース:The Sun

 

また、最近のアレクシスはチームに対するコミットメントが低下しているとして、選手やスタッフが不満を抱いているため、アーセナルは1月の移籍市場で売却に踏み切るだろうとデイリー・メール紙が報じています。選手やスタッフたちはトレーニングや試合でこれまでの様な姿勢やプレーが見られなくなったと感じているらしいです。

このこともあってクラブはドラクスラー獲得のため、アレクシスに興味を示しているパリSGとトレードを含めた交渉を行う可能性があるそうです。

(ソース:Daily Mail

 

PSVのメキシコ代表FWを巡りリバプールと争奪戦か?

アーセナルリバプールPSVのメキシコ代表FWイルビング・ロサノ(22)獲得を巡りって争奪戦を繰り広げていると噂されています。ロサノは今シーズン、リーグ戦15試合で10ゴールを挙げる活躍を見せています。アーセナルは1月にアレクシスが移籍する可能性があるため後任としてロサノに注目している様です。一方のリバプールは、来夏の移籍市場でコウチーニョバルセロナへ流出する可能性が高いため後任探しをしているとか。

なお、PSVはロサノの移籍金を4,200万ポンド(約64億円)に設定しているそうです。

(ソース:Daily Star

 

ユベントスのベナティア獲得に動く?

アーセナルが1月の移籍市場でユベントスのモロッコ代表DFメディ・ベナティア(30)の獲得に動くと噂されています。今シーズンのアーセナルは選手の怪我の影響もあって一貫したDFラインを構築することに苦労しており、リーグ戦では19試合で23失点しています。そのため守備の強化が必要だとベンゲルは考えているらしく、豊富な経験と冷静さを兼ね備えたベナティアに白羽の矢を立てた模様です。

イタリアでの報道によると、アーセナルは1月6日に移籍市場が再開したらすぐにオファーを出す準備が整っているそうです。

(ソース:Daily Express

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

アーセン・ベンゲル 勝利の哲学 [DVD]
クリエイティブアクザ (2011-01-28)
売り上げランキング: 192,503

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鈴木咲 日常に或る幸福 [DVD]