Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

17-18 EL 決勝トーナメント1回戦 2ndレグ:アーセナル vs エステルスンド戦の結果と試合後のインタビュー

17-18 EL 決勝トーナメント1回戦 2ndレグ

アーセナル 1−2 エステルスンドFK

(2試合合計 4−2で2回戦進出)

 

《得点》

アーセナル:47’コラシナツ

エステルスンド:22’アイエシュ、23’セマ

 

【出場メンバー】

オスピナ

ベジェリン

チャンバース

ホールディング

コラシナツ

エルネニー

メイトランド=ナイルズ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain → 46’ジャカ

ウィルシャー → 75’ウィロック

ムヒタリアン f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

イウォビ → 90’ネルソン

ウェルベック

 

=ベンチ=

メイシー

ムスタフィ

モンレアル

エンケティア

 

ベンゲル監督、試合後のインタビュー ※一部を抜粋

 敗北という結果には失望しているが、勝ち上がった事には満足している?

「全くその通りだ。こちらから付け加えることは殆どない。」

 

パフォーマンスに失望したか?

「Yes、前半はレースと呼べるものではなかった。しかし、後半はずっと良くなったと思う。ただ、もっとゴールを決めなければいけなかっただろう。我々は高いエネルギーで試合を一貫して支配していたので、後半は試合をコントロールできていた。前半はトラブル続きで危険な状態だったと思う。なぜなら、我々は自己満足に陥っていて集中力を欠いていたし、殆どの場面でボールを失ったのでオープンな状況だったからだ。ボールを持った時もアイディア不足で困っていた。2回戦へ勝ち進むという仕事があったので、我々はうまく立ち直ることができたと思うが、我々がこの試合から得たものはそれだけだ。」

 

キックオフ前の選手達に慢心があったのか…

「それに言及するのは難しい。我々は適切かつシリアスな方法で準備をしてきたが、3-0で先勝しているという事実や、日曜日には別のビッグゲームが控えているという事実、人々も無意識に勝ったも同然と思っていた事実がある。しかし、フットボールはそう簡単にいかないものだ。我々は優れたチームと対戦した。これはFAカップで見た光景と同じだね。つまり、どんなチームが相手でも100%集中できていなければ痛い目に遭うということだ。」

 

ホールディングとチャンバースのパフォーマンスは心配にならないか?

「そこだけを抜き出して語るのは難しい。先ほども述べた様に、前半は優れたパフォーマンスを見つける方が難しい状況だった。言い換えれば悪いパフォーマンスを見つけるのは簡単だった訳で、DFにとってはさらに厳しい状況だったと言える。そもそも前半はチーム全体が求められるレベルに達していなかった。すぐにボールを失ったしボールを失ってからの動きも悪かったので、DFにとっては簡単ではなかったと思う。」

 

エステルスンドのプレーについて…

「彼らはとても良いプレーをしていたと思う。彼らは素晴らしいよ。シーズン開幕以降のELでの彼らの成績を見れば、非常に素晴らしい結果を残しているのが分かる。今夜の試合を見てそれが偶然じゃないことが分かった。彼らのチームには何名の外国人がいるだろうか? 私には詳しいことは分からないが、トップ・クォリティを持った選手達によるインターナショナルなチームだと思う。」

(ソース:Arsenal.com

 

EL決勝トーナメント2回戦の組み合わせが決定

EL2回戦の組み合わせ抽選会が行われ、我らがアーセナルACミランと対戦することに決まりました。1stレグは3月8日にアウェーで行われ、2ndレグは3月15日にホームで行われます。

(ソース:Arsenal.com

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ

 

ロシア ワールドカップ 観戦ガイド 完全版
TAC出版ワールドカップPJ
TAC出版 (2018-04-04)
売り上げランキング: 274,800

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉岡茉祐1st写真集 Switch