Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

FA公式:エルネニーの退場処分を取り消し

FA公式:エルネニーの退場処分を取り消し

先日行われたサウサンプトン戦でレッドカードを受けて退場処分となったエルネニーに関して、FA規律委員会は退場処分を取り消すと発表しました。これにより、エルネニーは出場停止予定だった次の3試合でプレー可能となります。

FA公式

「モハメド・エルネニーは、2018年4月8日のサウサンプトン戦において暴力行為があったとして退場処分となったが、独立規律委員会はこれが誤りであったと認定した。エルネニーはアーセナルの次の3試合に出場可能である。」

(ソース:Arsenal.com

 

ネルソンと契約延長で合意間近?

SKYスポーツによると、ネルソンとアーセナルが契約延長で合意間近らしいです。数週間以内に合意に達するだろうとのこと。なお、ネルソンの契約はまだ1年以上残っています。

(ソース:Sky Sports

 

オーバメヤンベンゲルに対する批判はフェアじゃなかった

SKYスポーツのインタビューに応じたオーバメヤンが、ベンゲルに対する批判はフェアじゃないことが多いと語った様です…

オーバメヤン

「(ベンゲルに対する批判は妥当なものかと聞かれ)難しい質問だね。でも、アンフェアなことが多いと思う。」

「僕らは最近の試合でよりベターなプレーができていると思う。人々がこのことをしっかり見てくれていることを願うばかりだ。」

 

1月のアーセナル加入以降、すでに6ゴールを挙げているオーバメヤンですが、ラカゼットとお互いを補完し合いながらプレーできていると語ります…

「僕がここへやって来た当初から言っていることだけど、彼と一緒にプレーする機会が欲しいと思っていた。」

「僕らは異なるプレースタイルだけど、それぞれがお互いを補完し合えるプレースタイルだと思っている。彼は優れた選手だし、すごく親切なんだ。」

「かつてはフランスでライバル同士だったけど、今の僕らは友人だし、一緒にプレーすることで多くのゴールを決められると思ってる。」

(ソース:Sky Sports

 

マルシャルにアーセナル移籍の可能性?

マン・Uのフランス代表FWアントニー・マルシャルにアーセナル移籍の可能性があるとデイリー・エクスプレス紙が報じています。マルシャルは2015年に鳴り物入りでマン・Uへ加入しましたが、今年1月にアレクシス・サンチェスが加入すると出場機会が限られる様になりました。そのため、コンスタントにプレーできる場所を求めて移籍する可能性があるとのこと。

ブックメーカーのオッズでは移籍先としてはユベントスが有力視されている様ですが、アーセナルチェルシーなどの可能性もあるとかないとか。なお、アーセナルはアレクシスの交換要員としてマルシャルを指名したものの断られています。

(ソース:Daily Express

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ