Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ベンゲル:アーセナルの為に多くのクラブの誘いを断ってきた

ベンゲルアーセナルの為に多くのクラブの誘いを断ってきた

マン・U戦を控えた記者会見の際、ベンゲルは2002年に勇退するファーガソンの後任としてマン・Uからオファーを受け、当時の会長だったエドワーズ氏と会ったことを認めています。ただ、アーセナルへの忠誠心からその話を受けるつもりはなかったと語っています…

ベンゲル監督

アーセナルが大好きだし私の人生そのものだ。我々がスタジアムを建設した時など、私は数え切れないほど多くの困難に直面してきた。」

「私がこれまで多くの人物と会ったのは確かだ。(元マン・U会長の)マーティン・エドワーズをはじめ、数多くの人々が私を訪ねてきた。しかし、私は常にクラブに忠実だった。」

「今振り返ってみると、(当時の)彼らは本当に素晴らしいチームだったと実感する。」

ギグススコールズがいて、若手にはC・ロナウドルーニーがいた。ロナウドルーニーがその後どれほど活躍したかを見れば凄さが分かるだろう。」

「その中にはファン・ニステルローイもいて、彼らが一緒にプレーしていたのだ。彼らは信じられない様なチームだったし、どれ程のチャレンジだったかを実感している。」

 

オールド・トラッフォードで数々の死闘を演じてきたベンゲルですが、アーセナルで最後となる戦いではどの様なレセプションを受けるのでしょうか…

「どの様なリアクションをされるか分からない。我々はこの22年間、素晴らしい戦いを繰り広げてきたと思っている。私としてはアトレティコ戦の結果から立ち直り2ndレグへ弾みをつけたい。」

(ソース:Sky Sports

 

エルネニーもトレーニングに復帰

ウェストハム戦で足首を負傷し、今シーズン中の復帰が絶望的とされていたエルネニーですが、驚異的な回復を見せてすでに一部のトレーニングに復帰しているそうです。また、移籍後初となるオールド・トラッフォードでのマン・U戦となるムヒタリアンも、元気にトレーニング・セッションをこなしていたようです。

(ソース:Daily Express

 

マン・U戦は若手中心のスカッドか?

デイリー・エクスプレス紙によると、マンチェスター入りをしたアーセナルは若手の姿が目立っていたらしく、どうやら若手主体のスカッドでギャンブルに出るようだと報じられています。

チェフ、ベジェリン、オーバメヤンウェルベックの姿はありましたがエジル、ムスタフィ、ラムジー、コシエルニー、ラカゼット、ウィルシャーの姿はなく、代わりにエンケティア、メイトランド=ナイルズ、ネルソン、オセイ=トゥトゥ、ウィロックがいたとのこと。

(ソース:Daily Express

 

ルガー二獲得にチャレンジか?

アーセナルが今夏の移籍市場でユベントスのイタリア代表DFルガー二(23)の獲得にチャレンジするらしいと噂されています。アーセナルは今シーズン限りで現役を引退するメルテザッカーの代わりとしてルガー二に注目しているとか。

なお、ユベントスはルガー二の移籍金を最低でも3,500万ポンド(約53億円)に設定しているようです。

(ソース:Daily Express

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ