Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

17-18 プレミアリーグ :マン・U vs アーセナル戦の結果と試合後のインタビュー

17-18 プレミアリーグ 第36節

マンチェスター・ユナイテッド 2−1 アーセナル

 

《得点》

マン・U:16’ポグバ、90’フェライニ

アーセナル:51’ムヒタリアン

 

【出場メンバー】

オスピナ

ベジェリン

チャンバース

マヴロパノス

コラシナツ → 62’モンレアル

ジャカ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

メイトランド=ナイルズ

イウォビ

ネルソン → 62’ウェルベック

ムヒタリアン → 75’ウィロック

オーバメヤン

 

=ベンチ=

チェフ

ホールディング

オセイ=トゥトゥ

エンケティア

 

ベンゲル監督、試合後のインタビュー

試合結果について…

「不快な結果だが、総じてポジティブなパフォーマンスを披露することができたと確信しているし、何名かの選手は求められるレベルまで力を出してビッグ・クォリティを発揮していたと思う。」

「中央の守備は上手く行っていたと思う。これまで全くの無名だったマヴロパノスも良いプレーをしていた。メイトランド=ナイルズも良かったと思う。もちろん経験豊富な選手もプレーしていたが、イウォビは前半は上手く機能していたが後半に入ると疲れが見えてしまった。全体的に見て全ての選手が素晴らしいクォリティを発揮していたと思う。」

 

試合前、今回がオールド・トラッフォードでの最後の試合になるということで、マン・Uを代表して長年のライバルであり友人のサー・ファーガソンからベンゲルに記念トロフィーが贈られました…

「試合前にトロフィーをもらうのは初めだった(笑)。これはこれまで続いた長い長いストーリーの終わりを告げるものだ。マン・Uの取り計らいに感謝する。アーセナルと彼らは今後もライバル関係が続くだろう。私もその動向を注視するし、願わくば来シーズンこそアーセナルがここで勝利を収めて欲しい。」

(ソース:Arsenal.com

 

怪我人について…

ムヒタリアンを交代させたが、それは前回の怪我と同じ膝の場所を軽く打撲していたからだ。我々もドレッシング・ルームで彼を見ていた気がついた。オスピナは肋骨を痛めていてイウォビはハムストリングを痛めているが、彼らがどれくらい順調に回復しするか様子を見ていく。すぐに木曜日になってしまうからね。」

 

彼らは木曜日の試合を欠場するのか?

「それは確実にという意味でか? 現時点ではNOだ。しかし、今後48時間は様子を見る必要がある。火曜日になればもっと詳しいことが分かるだろう。」

(ソース:Arsenal.com

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ