Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

パパスタソプーロスの移籍が合意間近【アーセナル移籍ゴシップ】

パパスタソプーロスの移籍が合意間近・ソユンクが移籍に前向きなコメント

SKYスポーツによると、アーセナルへの移籍が濃厚と噂されているドルトムントギリシャ代表DFパパスタソプーロス(30)について、ドルトムントでスポーツ・ディレクターをツォルク氏がドイツ・メディアの取材を受けた際に、移籍を認める発言をしたらしいです。ただ、まだ決まった訳ではないと釘を刺しています…

ツォルク氏

「移籍へ向けて傾いているのはその通りだ。しかし、まだ完全に決まった訳ではない。だがね、今の私は仕事もしないであなたと噂の出所についてあれこれ話しているのだ。その中には、5月末以降で27名の新しいBVBの選手も含まれている。」

 

また、同じくアーセナルへの移籍が濃厚と噂されているフライブルクのトルコ代表DFソユンク(22)がトルコ・メディアの取材に対して、アーセナルからオファーが届いているのは事実だと認めたらしいです。その上でアーセナルに行きたいとコメントしたそうです…

ソユンク

アーセナルからオファーが届いているのは事実だ。僕はアーセナルに行きたいし、万事順調に行けばアーセナルプレミアリーグ(のクラブ?)へ行くことになる。でも、すべてはフライブルク次第だけどね。」

「僕の契約はまだ3年残っている。トルコのチームからもオファーを受けたよ。名前を明かすことはできないし、そのオファーは断ったんだ。まだトルコに戻るつもりはないからね。僕としては、ヨーロッパのビッグ・クラブでキャリアを続けたいと思っている。」

(ソース:Sky Sports

 

ユベントスのベナティアに興味あり?

アーセナルユベントスのモロッコ代表DFメディ・ベナティア(31)の獲得に興味を示していると噂されています。アーセナルドルトムントからパパスタソプーロスの獲得で合意間近とされていますが、上記の様にツォルク氏が「まだ完全に決まった訳ではない」とコメントしたことから予断を許さない状況なのかもしれません。

ベナティアは今夏にユベントスを離れる可能性が高いと噂されており、移籍金は2,500万ユーロ(約32億円)といわれています。モロッコがW杯で敗退したことから、今後数週間のうちに将来を決めると見られています。

アーセナルの他にはドルトムントマルセイユも興味を示しているとか。

(ソース:Daily Express

 

ラツィオラムジー獲得に動く?

イタリアでの報道によると、ラツィオセルビア代表MFミリンコヴィッチ=サヴィッチをレアル・マドリーに引き抜かれた場合、そこで得た移籍金を使ってラムジー獲得に乗り出す様だと報じられているそうです。

ラツィオはミリンコヴィッチ=サヴィッチに1億5,000万ユーロ(約192億円)の移籍金を設定しているらしく、その資金をラムジーの移籍金と給与に充てる考えのようです。ただ、ラムジーがキャリアのピーク時にセリエAへの移籍を望むかどうかは不明です。

(ソース:Daily Express

 

2018 ロシアW杯

グループD

■ナイジェリア 1−2 アルゼンチン

アレックス・イウォビ:90分から途中出場

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ