Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

チェルシーがチェフの再獲得に動く?【アーセナル移籍ゴシップ】

パパスタソプーロス:ミキは全てを兼ね備えた選手だ

パパスタソプーロスドルトムント時代からの親友であるミキ(ムヒタリアンの愛称)について、プレミアリーグ屈指の選手になるための全ての要素を兼ね備えていると賞賛しています…

パパスタソプーロス

「全てが揃っている。ボールがあっても無くても、チームのためにどう動くべきか分かっている。チャンスも生み出すけど、チームと一緒に守備にも戻る。本当に素晴らしいよ。」

ドルトムント時代の彼は、ブンデスリーガ屈指の選手であることを証明していた。彼はプレミアリーグでもベストな選手の一人になれると思うよ。」

(ソース:Arsenal.com

 

チェルシーがチェフの再獲得に動く?

SKYスポーツによると、チェルシークルトゥワレアル・マドリーに引き抜かれた場合、チェフの再獲得に動くことを検討中らしいです。チェフの他にはレスターのシュマイケルもリストアップされているとか。

チェフは2015年にチェルシーからアーセナルに移籍しました。

(ソース:Sky Sports

 

ベンゲル:同じクラブに22年間留まったのは間違いかもしれない

 ベンゲルがフランスのラジオ番組に出演した際に、これまでのキャリアの中で最大の失敗は?と質問されて次の様にコメントしたそうです…

ベンゲル

「同じクラブに22年間留まったことかもしれない。私は周りの人々をいろいろと動かすのが好きなのだが、私自身もチャレンジが大好きなのだ。時折、自分自身のチャレンジに囚われているかの様だったよ。」

 

また、アーセナルの監督として数々の成功を収める一方で、私生活では多大な犠牲を払ってきたことを踏まえ、指導者の道を進んでいるビエラやアンリに対して覚悟が必要だと語っています…

「周りの人達をたくさん傷付けてきたことは分かっているので、あらゆる事を犠牲にしてきたことを後悔している。たくさんの人々を切り捨ててきたからね。私は家族さえも捨て、たくさんの人達を無視してきた。」

「だが、心の奥底で強迫観念に取り憑かれた男というのは、自分が愛したものを追求する為に利己的になっている。そして彼はあらゆる事を無視する様になる。」

「アンリやビエラが優れた監督になれるかどうか尋ねられると、私は常にYESと答えている。彼らには(監督としての)全ての素質が備わっている。知的でフットボールを熟知しているし、優れたスキルも持っている。だが、彼らも犠牲にすべきものは犠牲にする必要がある。それはつまり、昼夜を問わず頭にこびり付く強迫観念だ。」

「朝の3時に目が覚めて、チームの選手選びや戦術、フォーメーションなどについて考えるのだ。」

 

さらに、フランス代表の監督に就任する機会が何度もあったと語ります…

「Yes、私にはフランスの代表監督になるチャンスが何度もあった。ドメニクの前か後かは定かではないがね。両方に可能性があったかもしれないが…私はいつも日常的にマネージメントを行う方により興味を持っていたのだ。そっちの方がはるかに刺激的だと思うしね。」

「代表監督になるべきではないか?というのは、私自身が自問自答してきた質問だ。しかし、代表監督が年間10試合なのに対して、クラブの場合は年間60試合だ。次の試合というのは私にとって麻薬なのだ…。」

 

2002/03シーズンに無敗優勝を達成しましたが、選手達も無敗優勝には懐疑的だったそうです…

「結果的に我々は約1年半、49試合も無敗だった。2002年にタイトルを獲得したとき、私はプレスに無敗優勝が夢だと語っている。面白いディテールだよ。」

「尊大で傲慢だとかいろいろ言われて叩かれたけどね。次のシーズンはマン・Uにタイトルを奪われた。」

「2003/04年、選手達になぜタイトルを獲得できなかったのか尋ねたら " 監督のせいだ " と言われたよ。彼らは『監督は僕達に対してあまりにもプレッシャーをかけ過ぎている』と言っていた。興味深かったよ。なぜなら、私には確信があったので、その唯一の理由を彼らに話した。そして、彼らはその後それを実現させた。これは二つのことを証明しているね。」

「一つは、野心のレベルを十分高く持つことが必要なこと。我々だって勇気がないし怖い。しかし、出来るだけバーを高く設定する必要があるのだ。そして二つ目は、時には種を植えてそれが成長するのを待つ必要があると言うことだ。」

(ソース:Sky Sports

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ