Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

プレミアリーグ:アーセナル vs マン・C戦プレビュー

エメリ:マン・C戦へ向けてのプレス・カンファレンス

イングランドでの最初のシーズンが始まるが…

「皆さんこんにちは。我々もエキサイトしているよ。昨年のプレミアリーグ王者相手に日曜日の試合で良いスタートを切れるはずだと大きな期待を抱いている。また、今シーズンの開幕に相応しい最高のビッグ・ゲームになるだろう。」

 

日曜日の試合ではチームに何を期待しているか?

「我々はトレーニングや試合の度に成長するため様々なことに取り組んでいる。だが、日曜日の試合ではピッチ上で最高レベルのパフォーマンスを発揮する必要があるだろう。我々は厳しい立場にあり、戦術的にも選手個人としても最高の瞬間が求められる。そしてまず、日曜日の試合ではサポーターの皆さんと団結したい。我々が団結することで選手達は最高のパフォーマンスを発揮する事ができるし、それぞれのサポーターがマン・Cに立ち向かうためのクォリティやエネルギー、そしてスピリットを我々に与えてくれる。」

 

怪我人について…

「長期離脱中のコシエルニーがいるしコラシナツも長期間の離脱になる。今日からモンレアルがチームのトレーニングに参加した。同じくウェルベックも今週から参加しているが、日曜日の試合でプレーするのは早すぎると思う。他の選手達はOKだ。レフト・バックに関しては、このポジションでの経験がある他の選手を起用する方向で取り組んでいる。我々としても、その選手に自身とプレーするチャンスを与えたい。スタメンは明日か日曜日に決めるつもりなのでまだ断言はできないが、エインズリー(・メイトランド=ナイルズ)が最後のラツィオ戦でプレーした選手ではある。」

 

あなたのアーセナルはこれまでとどう違うのか?

「我々は良いスタートを切りたい。クォリティのあるプレーを行いたいし、今月は戦術面でスピリット溢れるプレーをしたいと思っている。私としては、サポーターの皆さんや新加入の選手や他の選手達、新しいコーチ陣やスタッフらと共に新たな一歩とプロセスをスタートさせたい。」

 

マン・Cと戦うベストな方法は?

「それは実際にピッチ上でプレーするより、ここであれこれ話す方が簡単だろう。私が思うに、シティのグァルディオラとの2年間は安定感と安全性が高いと思うし、シティの試合を見ていても大きな自信を持ってプレーしているのがよく分かる。また、このチームはグァルディオラコーチングが明確だ。それを踏まえて、今週はこの試合へ向けた準備を行ってきた。集団としても選手個人としても、シティに対抗するための準備を進めてきたのだ。何より日曜日にベストな試合を行うことが自分達の自身にも繋がる。我々は試合に勝つことだけを考えている。」

 

リーグ制覇の見通しは?

「私のファースト・メッセージは明確だ。それはつまり、それぞれの試合について考えるという事だ。各試合のチャレンジを楽しみにしていて欲しい。私はそれを毎日追い求めているし、選手達は大きな集団意識を持ち笑顔で日々のトレーニングをこなしている。彼らはハードワークを行っていて最後は疲れ切っているが、笑顔でトレーニングを終えている。これは私がサポーターの皆さんへ送れる最高のメッセージだと思う。それもあって、日曜日に私から送るメッセージも楽観的なものだ。」

 

ラムジーの去就について…

「それは私が担当する仕事ではない。ただ、私としても彼が我々の元に残るのは非常に重要だ。アーセナルプレミアリーグにおける彼の経験はとても重要なものだし、彼は様々な情報やパフォーマンスを我々に提供してくれる。だが、それ以外の契約に関してはクラブと選手が話し合うべきものだ。」

 

今週初めに行われたKSEからの最新情報について…

アトランタでクロエンケ・ファミリーと会った際、アーセナルでのプロジェクトを全面的に支援すると約束してくれた。それはポジティブなことだし、彼のコミットメントはアーセナルにとって非常に重要だと思う。」

 

ペップとの関係について…

「私が46歳で彼は47歳だ。選手としてのキャリアは彼の方がはるかに偉大なものだし、監督としてのキャリアも彼の方が素晴らしい。だが、私達は同じ時期に監督としてのキャリアをスタートさせている。監督としての彼は統計やデータを見ても私より優れているが、私は彼ともっと対戦したい。なぜなら、彼のチームに勝つためには膨大な準備が要求されるからだ。私達がスペインにいた頃、アルメリアバレンシアバルセロナと対戦したが、この4年間の試合はとてもエキサイティングであり厳しいものだった。それは日曜日の試合も同じだろう。新しい経験ではあるけれど、私にはこの仕事で大きな野心がある。そして、同じ野望を選手達にも持って欲しい。」

 

8月中にさらなる選手の放出はあるのか?

プレミアリーグの移籍市場は昨日閉まった。そして今日、全ての選手とミーティングを行い、移籍する可能性を全て閉じてしまうか、もっと選手が必要なのかについて話し合った。その上で、移籍する可能性が残されているのはジェンキンソンとオスピナ、キャンベルの3名だけだ。だが、他の選手達は我々と一緒にいるし、試合前日まで全ての選手達と共にハードワークを行うつもりだ。明日、アウェーでU-23のマン・C戦を戦う若手は2名だけで、スミス=ロウとエンケティアだ。他の選手は我々と一緒に行動し、明日ホテルへ行くグループやスタメンや18名に入る選手を決める。」

(ソース:Arsenal.com

 

いよいよ開幕戦です!

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ