Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

リヨンがラカゼットの買い戻しを検討中?【アーセナル移籍ゴシップ】

リヨンがラカゼットの買い戻しを検討中?

デイリー・エクスプレス紙の報道によると、リヨンがラカゼットの買い戻しを検討しているらしいです。ラカゼットは昨夏にリヨンからアーセナルに移籍しましたが、監督がエメリに代わった今シーズンはあまり出場機会を得ることができていません。現在27歳のラカゼットはキャリアのピークに近づいていると感じている様で、出場機会を求めて移籍を検討しているとの報道もあります。

また、アーセナルもアンリの後継者として巨額の移籍金を投じて獲得しましたが、42試合17ゴールと投資に見合った活躍をしていないと考えており、放出も選択肢として考えているらしいです。

リヨンの他にはレアル・マドリーパリSGも興味を示しているとか。

(ソース:Daily Express

 

レノ:移籍は正しい判断だった

今夏にレバークーゼンから移籍して来たレノですが、リーグ開幕以来、チェフがスタメンに選ばれており今のところ出場機会がありません。しかし、そのことは気にしておらず、いつか自分の番が来ると語っています…

レノ

「移籍したのは正しい判断だったと確信している。僕はクレイジーなんかじゃない。数週間から数ヶ月かかるかもしれないけど、僕の番が回って来ると思っている。」

(ソース:Daily Mail

 

レーヴ:エジルから代表引退について相談はなかった

ドイツ代表のレーヴ監督は、エジルから代表引退を発表する前に何の相談もなかったと語っています…

レーヴ監督

「彼のエージェントから電話があって、エジルが(代表からの)引退を発表すると告げたのだ。選手自身から私への連絡はない。エジルは別の道へ進むことを選択したが、今のところ彼らからの連絡はないんだ。」

「私の方から電話はメールでの連絡を試みたが、彼と連絡を取ることはできなかった。私はこの状況を受け入れなければいけない。私自身、全体の状況を過小評価していたのだと思う。」

「あの話題に多くのエネルギーを取られたけれど、それをアリバイにしてはいけない。エジルは声明の発表を少し急いでいたのだと思う。ただ、我々のチーム内に人種差別的なアプローチは一切ない。」

(ソース:Sky Sports

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ