Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

18-19 プレミアリーグ:カーディフ vs アーセナル戦の結果と試合後のインタビュー

18-19 プレミアリーグ 第4節

カーディフ・シティ 2−3 アーセナル

 

《得点》

カーディフ:45’+2’カマロサ、70’ワード

アーセナル:11’ムスタフィ、62’オーバメヤン、81’ラカゼット

 

【出場メンバー

チェフ

ベジェリン f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

ムスタフィ

パパスタソプーロス

モンレアル f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

ジャカ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

グエンドゥジ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain → 71’トレイラ

ラムジー

エジル → 84’ウェルベック

オーバメヤン → 89’ムヒタリアン

ラカゼット

 

=ベンチ=

レノ

リヒトシュタイナー

ホールディング

エルネニー

 

 

エメリ監督、試合後のインタビュー

アーセナルのキャラクターについて…

「リアクションがとても重要だった。我々がそれぞれの試合でやってきた事だが、今日の試合もそれは同じだった。彼らに二度追いつかれたあと、我々はこの試合に勝たなくてはならないので、同じリアクションを見せた。私としては、我々のパーソナリティを継続させるという意味でも良いことだと思っている。何より大事だったのは、追い付かれてからも働き続けることだった。カーディフはチャンスを見つけ、攻撃的な動きから試合の中でゴールを奪うオプションを手にしていた。我々は今後もディフェンス面の動きを改善し続ける必要がある。自陣のボックス内で相手にこの様なチャンスを与える訳にはいかないからね。カーディフに押し込まれる時間帯もあったけれど、その前の段階で我々は試合をコントロールできていたと思う。その流れで我々は勝利した。」

 

ラカゼットとオーバメヤンのパートナーシップはどの程度良いのか?

「彼らはそれぞれのポジションで、各試合において自分たちのプレーをしている。そして、今日の試合では(共に)スタメン出場した。我々は選手同士のピッチ上におけるコンビネーションについて継続すべく働いているし、メンタリティやアイディアについてもキープし続けている。きょうこの二人の選手が見せたパフォーマンスは、彼らが決めたゴールも含めて、我々を助けてくれたと思っている。我々は各選手がベストのパフォーマンスとクォリティを発揮できるよう引き続き努力していく。」

 

ラカゼットのパフォーマンスについて…

「私はリヨン時代から彼を知っていたし、話をしたこともある。彼がボックス内に入ったとき、チームとして彼に良いチャンスを作り出せれば、素晴らしい決定力を発揮することを知っている。彼は非常に素晴らしい得点データを持っていて、今日の試合でそれを我々に示してくれた。今日の試合のプレーやゴールを決めたこと、そしてチームが勝利したことで彼の自信も深まっていくことだろう。今日はピッチ上で何度も重要な動きをしていた。」

 

トレイラについて(彼がスタメン入りするのに必要なこと)

「彼は成長しているし、チームメイト達のことも理解してきている。私としては、彼のプレーする全ての時間が彼のパフォーマンスにとって非常に重要だと考えている。彼はハードワークを続けていく必要があるだろう。選手達はすべてのプレー時間のなかで彼らのパフォーマンスを成長させていくのだ。それに、中盤で他のオプションを持つことは私にとっても重要なことだ。マッテオ(・グエンドゥジ)はプレミアリーグで非常に良いスタートを切った。ジャカは我々にとって非常に重要な選手だし、エルネニーは毎日とても努力している。我々には優れた選手が必要だし、彼らがピッチ上で素晴らしいコミットメントを発揮してくれることが必要だ。そして、ルーカス(・トレイラ)はそれができる。」

 

監督はまだチェフがバックからのプレーができると考えているのか?

「彼は成長している。彼には経験があるしインテリジェントもある。それに、彼は我々が勝つためにすべき自分達の仕事やピッチ上でのプレーをしている。これを継続していくことがとても重要だと思う。もし毎回ロングボールを蹴っていたら、ポゼッションや勢いを失ってしまう。我々は試合のある瞬間にリスクを犯すこともあるが、相手のプレッシングを突破することで反撃のためのスペースを見つけることができるのだ。今日のように一つのアクションが一つのミスに繋がる場合もあるのは間違いないけれど、我々はこのパーソナリティを継続している必要がある。我々はその上で色々と織り交ぜていくことも必要だ。ファースト・アクションはスペースにロングボールを入れるプレーをし、セカンド・アクションではピッチ上のポゼッションを確保する。その上で相手ゴールに襲いかかるのだ。」

 

エジルをサイドに戻したことについて…

「私はすべての選手を同じコンディションにしたいと考えている。すべての選手が重要なのだが、エジルに関しては彼がクォリティを発揮できる様に、我々は試合の中で彼の時間帯を与える必要があると思っている。彼は今日の後半に良いプレーを見せていた。彼はピッチ上で毎分仕事をしていたからね。そして、後半にポゼッションや試合をコントロールしていく中で、彼もピッチ上でより良い感じでプレーできていたと思う。」

(ソース:Arsenal.com

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ