Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

来夏にFAでマタを獲得?【アーセナル移籍ゴシップ】

ネルソンがまたしてもゴールを決める!

現在ホッフェンハイムへローン移籍中のリース・ネルソンが、昨日行われたブンデスリーガアウグスブルク戦でまたしてもゴールを決めました。ネルソンは後半37分に途中出場すると、その僅か2分後にゴールを決めています。これでリーグ戦7試合で6ゴール目となり、51分に1点のペースでゴールを量産しています。

(ソース:Sky Sports

 

来夏にFAでマタを獲得?

以前にも噂がありましたが、アーセナルは今シーズン限りでマン・Uと契約切れになるファン・マタ(30)の獲得に動いており、来夏の移籍市場においてFAでの獲得する事を目指しているそうです。マタは2011年にチェルシーへ移籍するまで、バレンシアでエメリの指導を受けていました。

(ソース:talksport

 

ムヒタリアン:エメリはクラブに革命をもたらしている

ムヒタリアン

「クラブ内外で文化変わった感じだね。」

「今の僕らはこれまでと違ったプレーを披露しているので、人々も僕らのことをより信頼する様になった。」

「僕らは自分達が望む通りのプレーができている。ゴールを決めているし試合にも勝っているから、サポーターのみんなは最高の気分だと思うよ。」

 

エメリはトレーニング・グラウンドに隣接する場所にジムを設置し、選手がウェイト・トレーニングとテクカル・ドリルを効率的に行える様にするなど、ベンゲル時代よりもハードなトレーニングを行なっています。

(ソース:Daily Express

 

ウェルベックは右足首の手術へ?

先日行われたスポルティング戦で右足首に重度の怪我を負い、現在入院中のウェルベックですが、デイリー・メール紙の報道によると手術を受ける可能性があるようです。現在は手術を行うかどうか判断を下すために必要なMRI検査を受けるため、患部の腫れが収まるのを待っている状態だとか。

もし手術を受ける必要があるほど重症だった場合は今シーズン中に復帰できるかどうか微妙らしいです。手術を受ける場合は、これまでベイルやウィルシャーの手術を担当し、この分野の世界的権威であるジェームズ・カルダー医師が執刀する予定とのこと。

(ソース:Daily Mail

 

ぺぺの獲得に66億円を用意?

アーセナルウェルベックが長期離脱したことで、補強プランの見直しを余儀無くされているようです。ウェルベックは近日中にMRI検査を受ける予定で、その際に靭帯の損傷が見つかれば手術を受けることになります。その場合復帰まで6ヵ月以上かかる見込みで、今シーズン中の復帰は厳しくなります。さらに、ウェルベックアーセナルの契約は今シーズンまでとなっており、このまま退団する可能性もあるとか。

貴重な控えFWであるウェルベックを失ったことで、アーセナルは1月の移籍市場で以前から興味を持っているリールのニコラ・ぺぺ獲得に動く必要に迫られているそうです。本来は来夏の移籍市場で獲得に動く予定でしたが、ウェルベックの離脱により控えFWは若手のエンケティアだけになってしまったことから、トップチームで実績がありコートジボワール代表も務めるぺぺを早急に確保する必要が出てきました。

ただ、ぺぺにはバイエルンやマン・C、ドルトムントなども熱視線を送っているため、アーセナルは獲得資金として4,500万ポンド(約66億円)前後を用意する様です。

(ソース:The Sun

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ