Arsenal Watch

2008年4月からアーセナル関連のニュースを記録中。噂はあくまでも噂です。

18-19 EL:カラバフ戦プレビュー

最新の怪我人情報

 ■ラムジー

足首の怪我からフィットしフル・トレーニングに復帰。

 

エジル

背中の怪我からフィットしフル・トレーニングに復帰。

 

■ホールディング

左膝前十字靱帯の損傷。今週末に手術を行う予定。

 

■ムスタフィ

ハムストリングの怪我。カラバフ戦の前に状態を評価する。

 

■マヴロパノス

鼠蹊部の怪我。今月中にフル・トレーニングへ復帰する見込み。

 

ウェルベック

右足首の怪我。手術から回復中。

(ソース:Arsenal.com

 

エメリ監督:プレス・カンファレンス ※一部を抜粋

ローテーションを行なった上で試合にどの様なアプローチをするのか?

「こんにちは。我々がこの大会でまず最初に目標としていることは、グループの首位通過であり、これは我々がすでに達成していることだ。しかし、我々はこの大会とカラバフをリスペクトしており、明日の試合では勝つことを目標にしている。明日は選手たちにチャンスを与え、責任とリズムそして自信を持ってプレーできる様にしたい。それに、過密日程が控えていて今後10日間で4試合を行う予定だ。それぞれの試合が非常に重要だけれど、まず最初に目標としていたのがEL(のグループ首位通過)だ。明日はU-23の選手を起用するなど何人かの選手を入れ替えるつもりで、コシエルニーのスタメン起用も計画している。」

 

コシエルニーはサウサンプトン戦でもプレーできそうか?

「CBはホールディングやマヴロパノスなど何人かの選手が負傷離脱しているし、イエローで出場停止になる選手もいる。明日の試合は彼の復帰後最初の試合となるので、それを見てから判断する。彼が90分間を通してプレーできるのかどうかをね。我々はこのポジションにモンレアルなどの他の選手を起用することもできる。彼はキャリアの中でCBとしてプレーしたことがあるからね。我々は決断を下す必要があるけれど、まずはその前に明日の試合について考えなければいけない。なぜなら、明日の試合でコシエルニーがどの様な感触でプレーしたかといった情報を得る必要があるためだ。」

 

エジルについて…

「分からない。明日は彼もグループ入りするが、この試合のために18人の選手をスカッドに招集している。彼がプレーするかどうかは、明日の試合開始直後か試合中に判断する。」

 

監督はスタンドからの暴言に対して選手たちにどういう話をしているのか?

「それは受け入れられるものではない。だが、大会全体からすれば一瞬の出来事だろう。人々はあらゆる人達に敬意を表す必要がある。一瞬の出来事かもしれないが、その様な発言は到底受け入れられるものではない。」

 

選手達のライフスタイルに関して監督から何か話をしたのか?

「クラブからは我々の中でディスカッションが行われたとの説明があったと思うが、私にとって最も重要なことは集中力を失わないことだ。ハダーズフィールド戦後の我々の最初の目標は明日と日曜日の試合だ。私は選手達を信頼しているし、彼らがよい行動を取ってくれると信じている。そして何より重要なのは、彼らが日々のトレーニングの中で自分達の仕事に集中しつつ素晴らしい行動や責任ある行動を取っている姿を目にしていることだ。」

※メイトランド=ナイルズの質疑応答は割愛しました。 

(ソース:Arsenal.com

 

バリャドリードの若手CBを狙う?

アーセナルレアル・バリャドリードのスペイン人CBフェルナンド・カレロ(23)の獲得に動いているとスペインで報じられているそうです。今シーズンのカレロはディフェンスの中心として印象的な活躍を見せており、アーセナルの他にもセビージャやドルトムントなども興味を示していると噂されています。

アーセナルはホールディングが靭帯断裂で今シーズン中の復帰が絶望となったことや、コシエルニーのフィットネスにも不安が残ることから新たなCBを探していると言われています。

なお、カレロとバリャドリードの契約には1,100万ユーロ(約14億円)という格安のバイアウトが設定されています。バリャドリードは契約更新のオファーを出しているようですが、未だ合意には至っていません。

(ソース:Team Talk

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ