Arsenal Watch

2008年4月からアーセナル関連のニュースを記録中。噂はあくまでも噂です。

アーセナルがバルセロナからD・スアレスをローンで獲得へ

エメリ:デニス・スアレスの報道について

スアレスに関する最新情報は?

「私のアイディアは変わっていない。仮に何名かの選手が我々を助けるためここへこれそうなら、彼らは来るだろう。最新ニュース? 私には分からない。今日の私はこの試合に全てを集中させているからね。この件ついて取り組んでいるクラブ関係者の誰とも話をしていない。おそらく今夜か明日、最新のニュースについて話をするつもりだ。もし1名の選手が我々に力を貸してくれるなら、それは我々にとって素晴らしいことだという私の考えは変わっていないよ。

 

 スアレスはチームに何をもたらすのか?

「一般的な話だが、我々はウィンガーを必要としている。そして、仮にデニスの様な選手がチームにいたとしたら、彼はセビージャ時代に私の下でプレーしているので彼のことをよく知っている。彼のクォリティはそこにある。」

 

スアレスプレミアリーグのフィジカルに対応できるか?

「今の段階では分からない。もし彼が来るのであれば、それは彼にとってもチャレンジであり、さらに我々に貢献することも求められる。」

 (ソース:Arsenal.com

 

 バルセロナからD・スアレスをローンで獲得へ

 BBCによると、アーセナルバルセロナとスペイン人MFデニス・スアレス(25)をローン移籍で獲得する契約を結んだとのこと。ローン期間は今シーズン終了までとなっており買取オプションが付いています。また、スアレスはローン前にバルセロナとの契約を2021年6月まで延長する契約にサインしているそうです。

スアレスは10代の頃にマン・Cで2シーズンを過ごし、2013年に19歳でバルセロナへ移籍するまでの間にファーストチームで2試合に出場しています。バルセロナでは71試合に出場していますが、今シーズンは8試合の出場に止まっています。また、セビージャへローン移籍していた時にエメリの指導を受けています。

なお、アーセナルスアレスの他にも補強に動いており、インテルクロアチア代表MFペリシッチ(29)や中国スーパーリーグの大連一方に所属するベルギー代表MFヤニック・カラスコ(25)などとも交渉を行なっているそうです。

アーセナルはマン・U戦でパパスタソプーロスが1ヶ月ほどの離脱になるなどDF陣に怪我人が続出していますが、DFを補強する考えは持っていないとのこと。

(ソース:BBC

 

カラスコの獲得へ向けて交渉中?

SKYスポーツ・イタリアの報道によると、アーセナルが大連一方とベルギー代表MFヤニック・カラスコの獲得に向けて交渉を行なっているそうです。アーセナルインテルペリシッチ獲得に失敗したため、カラスコにターゲットを変更したとのこと。ペリシッチに関しては買取オプション付きのローン移籍をオファーしたものの、インテルに拒否されたそうです。

カラスコは昨年2月にアトレティコ・マドリーから大連一方へ移籍し、中国スーパーリーグで26試合7ゴールを記録しています。

(ソース:Sky Sports

 

スミス=ロウがライプツィヒへローン移籍か?

SKYスポーツによると、スミス=ロウがブンデスリーガライプツィヒへローン移籍するようです。木曜日の朝にメディカル・チェックを受けるため、水曜日の夜にはドイツへ出発しているとか。アーセナルバルセロナからデニス・スアレスをローンで獲得する目処が立ったため、スミス=ロウを武者修行に出すことが可能となりました。今シーズンはここまでELとカラバオカップで6試合に出場しています。

(ソース:Sky Sports

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ