Arsenal Watch

2008年4月からアーセナル関連のニュースを記録中。噂はあくまでも噂です。

【アーセナル移籍ゴシップ】再びバネガ獲得に動く?

再びバネガ獲得に動く?

アーセナルが今夏の移籍市場で再びセビージャのアルゼンチン代表MFエベル・バネガ(30)の獲得に動くようだと噂されています。エメリはバレンシアとセビージャでバネガを重宝しており、FAでユベントス入りするラムジーの代わりとして獲得したいそうです。

アーセナルは1月の移籍市場でもバネガ獲得に動いていましたが、資金不足のため獲得できませんでした。バネガには1,700万ポンド(約24億円)のバイアウトが設定されています。

なお、アーセナルバルセロナからローンで獲得したデニス・スアレスの買取りオプションを行使し、1,800万ポンド(約26億円)の移籍金を支払う必要があります。

(ソース:Mirror

 

ナポリオスピナの買取りオプションを行使へ

ミラー紙は現在ナポリへローン移籍しているオスピナに関して、ナポリが買取りオプションを行使することになるだろうと報じています。 オスピナのローン契約の中には、ナポリで一定数の試合に出場した場合は買取りオプションを行使する必要があるという条項が盛り込まれているそうです。先日行われたトリノ戦に先発出場したことで、契約に定められた試合数を満たしたとか。移籍金は400万ポンド(約6億円)に設定されているようです。

アンチェロッティ監督もオスピナは出場数に関わらず来シーズンもナポリに残るだろう」と語ったそうです。なお、アーセナルはチェフの引退に伴いGKに欠員が発生しますが、後任としてバーンリーのイングランド代表GKニック・ポープ(26)獲得に動くようだと噂されています。

(ソース:Mirror

 

デ・リフト争奪戦に参戦か?

 アーセナルアヤックスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)争奪戦に参戦するらしいと噂されています。現在、ヨーロッパ中のビッグ・クラブがデ・リフト獲得に動いており、移籍金は7,000万ポンド(約100億円)とも言われています。

アヤックスではクラブOBのオーフェルマルスフットボール・ディレクターを勤めているほか、クラブのレジェンドであるベルカンプが以前にコーチを勤めていたため、彼ら二人の後押しが期待できるかもしれないと報じられています。

ただ、高額な移籍金を捻出するためには、高給取りのエジル放出が必要になります。しかし、エジルの移籍金と浮いた給与をデ・リフト獲得に投入しても、激しい争奪戦を覚悟する必要があります。

(ソース:Mirror) 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ