Arsenal Watch

2008年4月からアーセナル関連のニュースを記録中。噂はあくまでも噂です。

18-19 プレミアリーグ:トテナム vs アーセナル戦の結果と試合後のインタビュー

 18-19 プレミアリーグ 第29節

トテナム・ホットスパー 1−1 アーセナル

 

《得点》

トテナム:74’ケイン(PK)

アーセナル:16’ラムジー

 

【出場メンバー】

 レノ

ムスタフィ

コシエルニー

ソクラテス

モンレアル

ジャカ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

 グエンドゥジ → 46’トレイラ f:id:jaguar541:20141105063237g:plain

イウォビ

ラムジー → 72’エジル

ムヒタリアン f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

ラカゼット → 56’オーバメヤン

 

=ベンチ=

 チェフ

コラシナツ

メイトランド=ナイルズ

スアレス

 

エメリ監督、試合後のインタビュー

満足の行く結果だったか、それともガッカリしているか?

「こんにちは。私は選手や自分達の働きを誇りに思っている。そのうえで勝つときもあれば負けるときもあるし、今回のように引き分けで終わるときもある。だが何より、我々はチームとしてプレーして一体感を持ち、個別としても集団としてもプッシュし続けた。この試合にうまく適応できていたし、90分間を通して我々の時間帯だった。相手も強力だったが勝てると思った試合だった。」

 

オーバのPKが侵害されたことについて…

「2ヶ月前にもみなさんに話したことだが、私はVARの導入がレフェリーを助けると考えている。今日もレフェリーは大きな個性を発揮していたと思うけれど、我々やトテナムのボックス内での難しいアクションに対して、ベストな判断を下すのは難しいので不十分なものになってしまう。VARの導入は今日のような試合をよりフェアなものにする上でレフェリー達の助けになると考えている。」

「90分が経過したところでチャンスを作りゴールを奪えれば試合に勝てる。彼らはチャンスを作ったものの、我々のGKに阻止されたりシュートは枠を外したりした。だが、今日の我々は集団として最高のスピリットと戦術を発揮しつつプレーしていたと思うし、自分達の時間帯で相手とのバトルもうまく適応していたと思う。また攻守の切り替えも良かったし、選手達は何度かクォリティの高いアクションを見せていた。私は選手達を誇りに思っている。なぜなら、1-1とされた後も我々は勝つために相手のボックス内に侵入して2点目を奪おうとしていたからだ。このメンタリティを我々は求めていたのだ。」

 

トテナムがPKを得た場面はケインがオフサイドだったと思うか?

「まず、今日のレフェリーは素晴らしいパーソナリティを発揮していたと思う。その上で彼はミスを犯してしまったが起こり得るものだ。なぜなら、あの様なアクションの場面だと、レフェリーがその瞬間をしっかり見るのはかなり難しいだろう。だからこそVARの導入はレフェリーの助けになると思うし、フェアな判断を下せる様になると思う。これはイングランドフットボールにおいてポジティブなことだと思うよ。」

 

加入以来、ソクラテスが与えている影響について…

「彼の成長は今回のパフォーマンスにとっても極めて重要なものだったし、今日も素晴らしいプレーをしていたと思う。前回の試合から彼は自分自身に最高の自信を持っているし、彼の持つスキルとキャプテンシーで我々を助けてくれる。また、今日の試合の様に、彼の持つ経験が彼自身を我々と共に成長させ続けている。」 

 

ラカゼットは交代に不満を示していたが、オーバとラカの双方をハッピーにしようと努力するのか?

「彼らは私の判断を受け入れなければいけない。私はチームにとってベストだと思う決断を下しているし、彼らは他にも試合がある。彼らが揃ってプレーしている時のパフォーマンスが良くなくて満足できないことも時々あるけれど、私は自分達の仕事に関してベストの決断を下すという点で極めて一貫している。そして、彼らが一緒にプレーしているか1人でプレーしているかに関わらず、我々のためにベストのパフォーマンスを発揮して欲しい。例えば、次の試合はラカゼットがレッドカードによる出場停止でプレーできないので二人が揃ってプレーすることはできない。オーバメヤンしかプレーでいないんだ。」

(ソース:Arsenal.com

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ