Arsenal Watch

2008年4月からアーセナル関連のニュースを記録中。噂はあくまでも噂です。

18-19 ELラスト16 2ndレグ:アーセナル vs レンヌ戦プレビュー

 最新のチームニュース

ソクラテス

レッドカードで出場停止。

 

ムヒタリアン

 軽度の腰痛。レンヌ戦前に状態を評価する。

 

■ベジェリン

左膝の怪我。手術後の回復中。

 

■ホールディング

左膝の怪我。手術後の回復中。

 

ウェルベック

右足首の怪我。手術後の回復中。

(ソース:Arsenal.com) 

 

エメリ監督:プレス・カンファレンス ※一部を抜粋

ラカゼットの出場停止が軽減されたことについて…

「こんにちは。我々にとって全ての選手が起用できるのは嬉しいことだ。怪我や出場停止でプレーできない選手がいない方が良いからね。それだけに、このニュースは我々にとってポジティブなものだ。」

 

グループはプレッシャーを感じているか?

「我々は自分達自身に高い要求を課している。我々にとってそれはポジティブな問題だと思っている。なぜなら、ビッグ・マッチや最高のチームとのタフな試合、そしてELにおける前ラウンドのBATEボリソフ戦の様な結果を出すのが難しい試合もある。このラウンドも似た様なもので、最初の試合で悪い結果を出してしまった。我々にとって明日の試合は同じ様に厳しいものになる。」

しかし、最高のパフォーマンスを披露したいという我々の欲求は、全てのトレーニングや試合において非常に高いものだ。私は結果を出すのが厳しかったり難しい選手を相手にした困難な試合を戦いたい。明日はそういう試合だ。我々は団結する必要があるし、90分間を通して最高のパフォーマンスを発揮するためにも、サポーターの皆さんと共にエミレーツ・スタジアムを素晴らしい雰囲気で包みましょう。我々はサポーターと共に感情を高めてプレーする必要があるけれど、ピッチでは賢く決断を下さなければいけない。これは90分間を通して試合をコントロールする上で重要な問題だ。我々はしっかりコントロールしたいと思っているが、ゲームをきちんと構築する必要がある。なぜなら、長丁場の試合になるからだ。」 

 

1stレグでの敗戦に驚いたか?

「別に驚いてはいない。彼らは好調だったし素晴らしいチームだ。また、彼らにはクォリティのある様々な選手がいる。それにフレッシュだった。スピリットのあるフレッシュな選手たちが攻撃的なプレーをしていたし、守備も組織化されていたね。彼らはベティス相手にビッグ・パフォーマンスで2試合とも勝っている。強敵の我々に対しても、彼らは同じ様に勝てる可能性があることを示した。だが、彼らを最大限リスペクトしたうえで、明日の試合は最高の雰囲気のスタジアムの後押しを受けてサポーターと共にスタートからプッシュしていく。自分達のゲームプランや能力を駆使して彼らに反撃する。」

 

ラカがプレー可能になったことについて…

「我々は色々な選手を使い様々なシステムでプレーしている。ストライカーを二人置くこともできれば一人にすることも可能だ。明日はスタメンだけを考えれば良いというものではない。なぜなら、様々なシチュエーションにおいて異なる選手やシステムが必要になってくると考えている。だからこそ全ての選手が必要なのだ。我々はラカゼットやオーバと共にプレーすることもできるし、どちらか一方とプレーすることもできる。試合が進むにつれて様々な可能性が必要になってくるだろう。」 

 

ベン・アルファの脅威と初戦後のコメントについて…

「彼は非常に優秀な選手であり、我々は彼を大いにリスペクトしている。」

 

ベン・アルファのコメントを受けて何か行動したか?

「私はレンヌとの戦いへ向けた準備に集中している。我々は彼とレンヌをリスペクトしている。」

 

エミレーツプレミアリーグ9連勝中であることの重要性について…

「我々は明日の試合へ向けて集中する必要があるし、我々のサポーターと共に90分間を通してエモーショナルな雰囲気を作り出したい。90分間に渡って頭をクリアにし、ベストな決断を下すためにフレッシュさと冷静さがとても重要になる。」 

(ソース:Arsenal.com) 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ