Arsenal Watch

2008年4月からアーセナル関連のニュースを記録中。噂はあくまでも噂です。

マン・Uのバレンシアの獲得に興味あり?【アーセナル移籍ゴシップ】

EL 準々決勝の組み合せが決定

 EL準々決勝の組み合せ抽選会が行われ、我らがアーセナルナポリと対戦することになりました。1stレグは4月11日にホームで行われ、2ndレグは18日にアウェーで行われます。

なお、準決勝に勝ち上がると、カソルラの所属するビジャレアルと対戦する可能性があります。

 (ソース:Arsenal.com

 

マン・Uのバレンシアの獲得に興味あり?

アーセナルが今夏にマン・UをFAになる可能性が高いアントニオ・バレンシアの獲得に動くらしいと噂されています。バレンシアの父親が今夏のマン・U退団を明言すると共に、代理人が移籍先としてアーセナルウェストハムインテルと中国のクラブなどが選択肢だが、フットボールでは常に状況が変化している」と語ったそうです。

ただ、「選手は2年契約を希望している。お金のためではない。良好な関係と期待感が必要なのだ。彼は私に、重要な物事へ向けて戦っているチームに行きたいと話した。」ともコメントしています。

アーセナルはベジェリンが長期離脱しており、来シーズンの開幕に間に合うか微妙です。そのためバックアップとなる選手を探しています。

(ソース:Metro

 

セビージャがモンチの再招聘に動く

 ELで敗退したセビージャがマチン監督の解任と、クラブでフットボール・ディレクター(FD)を勤めていたカパロス氏の暫定監督就任を発表しました。この人事に伴いFDが空席になったことで、セビージャはかつてエメリと共に黄金時代を築いたモンチを再び招聘すべく交渉を行なったそうです。

カストロ会長

「セビージャは現在FDを必要としている。我々は最高の人材を探しておりモンチこそベストだ。彼との会談は順調に進んでいる。とてもポジティブな感じだった。」

 

会長がモンチとの接触を認めているようですが、アーセナルも以前からミスリンタートの後任としてモンチの招聘に動いていると噂されています。

(ソース:Sky Sports) 

 

レンヌのサールと交渉中?

アーセナルがELラスト16で対戦したレンヌに所属するセネガル代表FWイスマル・サール(21)獲得へ向けて交渉を開始したらしいと噂されています。アーセナルは1stレグで守備陣がサール相手に四苦八苦しており、エメリも電光石火のパフォーマンスに衝撃を受けたようです。サールに関しては昨年退団したミスリンタートがすでにリストアップしていた選手で、彼の退団後もアーセナルは状況を注視し続けていたようです。

ただ、実際に対戦しパフォーマンスに衝撃を受けたことで、1stレグの敗戦後すぐに選手側に接触しているとのこと。サールは昨年のロシアW杯と今シーズンの活躍で評価を高めており、アーセナル以外にも複数のビッグ・クラブが獲得に動いているようです。

(ソース:The Sun) 

 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ