Arsenal Watch

2008年4月からアーセナル関連のニュースを記録中。噂はあくまでも噂です。

【アーセナル移籍ゴシップ】今夏にFAで獲得可能な5選手

国際親善試合

ウェールズ 1-0 トリニダード・トバゴ

アーロン・ラムジー:出場機会なし

 

今夏にFAで獲得可能な5選手

デイリー・エクスプレス紙が、今夏の移籍市場でアーセナルがFAで獲得可能な5選手と契約切れとなる3選手をリストアップしています。まずは獲得リストから。

 

アントニオ・バレンシア(33歳/マン・U)

今夏にFAとなることがほぼ確実。アーセナルの他にウェストハムインテル、中国の無名のクラブなどが獲得に乗り出しているとの噂も。アーセナルは膝の大怪我でベジェリンが開幕に間に合わない可能性が高いため、経験豊富なベテランをリストアップしているとか。

 

アドリアン・ラビオ(23歳/パリSG

エメリ政権時代にトップチームに定着した生え抜きですが、契約延長オファーを拒否したことでクラブとの関係が急激に悪化。そのため今夏のFAは不可避な状況。アーセナルはデニス・スアレスに見切りをつけており、MFのオプションを確保するためにもラビオを獲得したい意向だとか。引く手数多の選手ですが、アーセナルには恩師エメリとの再会という大きなアドバンテージがあります。

 

ディエゴ・ゴディン(33歳/アトレティコ・マドリー

シーズン序盤で主力DFが相次いで離脱し大混乱に陥った事からも分かるように、アーセナルは守備力不足が深刻です。そもそもレギュラーとしてプレーしているムスタフィが一定の水準に達していないため、ベテランのゴディン獲得は間違いなく意味のある補強になるでしょう。今夏のFAは不可避とみられている事から、ACミランインテルも興味を示しています。ゴディンの獲得は長期的な解決策にはなりませんが、高額なサラリーさえ用意できれば大きな戦力になるはずです。

 

ダビド・ルイス(31歳/チェルシー

アーセナルは昨夏に移籍金1,800万ポンド(約26億円)でオファーを出したものの実現せず、その後ソクラテスを獲得しています。チェルシーはルイスに新たなオファーを提示しておらず、提示しても1年の延長程度とみられるので、アーセナルへの移籍を再考するかもしれません。

 

ガリー・ケイヒル(33歳/チェルシー

一時期アーセナルへの移籍が噂になっていました。今夏に契約切れになります。アーセナルに加入すれば守備陣に強さをもたらしてくれるでしょう。

 

続いて今シーズンで契約切れとなる選手のリスト

モンレアル

SBだけでなくCBもそつなくこなせるユーティリティー性と豊富な経験から契約延長の可能性も。

 

リヒトシュタイナー

プレミアリーグのスピードに全く対応できていないため、獲得したのは失敗。FAで放出される見込み。

 

■ジェンキンソン

アーセナルでは安定して最高レベルのプレーを披露できなかったので、FAで放出される見込み。

(ソース:Daily Express

 

アーセナルはモンチをセビージャに強奪された?

スペインのフットボール専門家ギジュム・バラゲ氏によると、アーセナルはモンチをテクニカル・ディレクターとして招聘すべく動いて、交渉はかなり順調に進んでいたそうです。アーセナルはモンチの招聘を確信していましたが、その段階になってセビージャがモンチに電話をかけてきたらしいです。

それを受けてモンチは、自身がホームと感じている古巣へ帰還する時がきたと心変わりしてしまったのだとか。セビージャは現在、アメリカの企業連合に買収されようとしている時期で、クラブの歴史上最も重要な局面を迎えていると言う現状を受けて、セビージャへの強い愛情がモンチを突き動かした様です。

しかし、合意寸前で強奪された形のアーセナルにとってはいい迷惑です。モンチでほぼ決まりだと思っていたのが全て白紙となってしまい、また一から人選を行わなければなりません。

(ソース:Daily Express

 

ローマがマノラスの移籍を許可へ?

イタリアでの報道によると、アーセナルやマン・Uなどが獲得に動いているギリシャ代表CBコスタス・マノラス(27)に関して、所属先のASローマが今夏の移籍を許可する可能性があるそうです。マノラスの契約には、CL出場権を獲得できなかった場合は移籍金3,100万ポンド(約45億円)で移籍することが出来るという条項があるのだとか。

ローマは現在、ACミランと4ポイント差の5位です。ラニエリ監督も、万が一CL出場権を獲得できなかった場合は、夏の移籍市場で大規模なメンバー入れ替えは避けられないと語っています。

マノラスの市場価値は4,500万ポンド(約66億円)以上のため、3,100万ポンドはセール価格と言えるでしょう。ローマは慢性的な財政難のようです、1年前にはサラーを売却し、昨夏にはアリソン・ナインゴラン・ストロートマンと主力を相次いで放出しました。そのため、もしCL出場権を獲得できなかったら主力選手の放出は不可避とみられています。

(ソース:Mirror) 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ