Arsenal Watch

2008年4月からアーセナル関連のニュースを記録中。噂はあくまでも噂です。

18-19 プレミアリーグ :アーセナル vs クリスタル・パレス戦の結果と試合後のインタビュー

18-19 プレミアリーグ 第35節

アーセナル 2−3 クリスタル・パレス

 

《得点》 

アーセナル:47’エジル、77’オーバメヤン

クリスタル・パレス:17’ベンテケ、61’ザハ、69’マッカーサー

 

【出場メンバー】

レノ

ムスタフィ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

コシエルニー

マヴロパノス f:id:jaguar541:20141105063214g:plain → 46’イウォビ

ジェンキンソン → 46’メイトランド=ナイルズ

グエンドゥジ

エルネニー → 68’トレイラ

コラシナツ

エジル f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

オーバメヤン

ラカゼット

 

=ベンチ= 

チェフ

モンレアル

ムヒタリアン

エンケティア 

 

エメリ監督、試合後のインタビュー

フラストレーションを感じているか?

「こんばんは。Yes、とてもフラストレーションを感じている。なぜなら、絶好の機会だったのだからね。今日の試合前、我々は絶好の機会だと言っていた。すなわち、多くのポイントを獲得して来季のCL出場権獲得という我々の第一目標を達成できる可能性ある重要な局面だったのだ。我々がそれを成し遂げることが出来るのはプレミアリーグかELになる。しかし、今日の試合でその絶好のチャンスを逃してしまった。しかし、だからと言って自分達のアイディアを変えるつもりはない。我々は次のウォルバーハンプトン戦へ向けて準備を整える必要がある。そこで勝てばトップ4入りの可能性がまだ残されるからね。」

 

今日の守備の出来について…

「まず第一に、彼らは非常に優れた選手を抱えている。第二に、今日はセットプレーで自分達の仕事ができなかった。シーズン終盤で見せている力強さを発揮できなかったのだ。1点目はFKからで3点目はCKからだ。今日の試合ではこれら二つの場面で想像以上に苦労したし、それが結果に直結した。」

 

ムスタフィのパフォーマンスについて…

「我々は個々の選手について話しをする事ができるけれど、彼らだって非常に良いプレーが出来るときもあれば、そうじゃないときもある。私としては、今シーズンの一貫性について話したい。我々の全ての選手がチームに貢献し、ビッグ・パフォーマンスを発揮していると考えている。今日もそうだ。ベンテケやザハといった選手を相手に守備をするとき、おそらく他の状況よりも苦労することだろう。ただ、今日のセットプレーにうまく対処できていたらこの試合に勝てたかもしれない。ポゼッションをコントロールできていたからね。しかし、彼もゴール前で自分達のゴールとボックス内をよく守っていた。そして、我々はさらにゴールを奪うためのベスト・シチュエーションを見いだすことができなかった。」 

 

今シーズンのムスタフィに一貫性があると考えているのか?

「全てのシーズンを通して彼には一貫性がある。我々は全ての試合について話をしている。」

 

チーム選びについて…

「前半はスリーバックを継続した。なぜなら、さらなる一貫性を発揮できると思ったからだ。後半はそこを二人に変更した。ゴール前やビルドアップでより可能性が広がるが、守備面では彼らにカウンターを行うためのスペースをより多く与えることになった。彼らのゴールはセットプレーと一瞬のアクションから生まれている。しかし、後半はより多くのリスクを冒す必要があったのだ。前半を終えて1-0で負けているときは、リスクを冒す必要があると思っている。我々は多くの試合をこなしているので状況も変わる。ラムジーのように何名かの負傷者を抱えているし、選手達を守らなければいけない。例えば、ジャカはナポリ戦で後半から交代して欲しいとお願いしてきた。今日の試合でプレーできたかもしれないが、ある程度のリスクはある。我々は自分達の選手を守る必要がある。多くの選手を起用しているが、彼らは我々のためにパフォーマンスを発揮してくれている。今日は敗れたが、他の選手を起用していても負けたかもしれない。」

 

ハンドでPKがあったというアピールについて…

「よく分からない。私からは見えなかった。」 

 

VARが助けになったと思うか?

「私はそれについて話をしてきた。VARはレフェリーの助けになると思うし、より良い状況になると思っている。ただ、今日の試合がそうだという話ではない。あれがPKかどうか私には分からない。」

 

ホームで珍しく敗れたが…

「そうだね。だが、我々はここで非常に強いと感じている。しかし、ずっと勝ち続けることはとても難しいのだ。いつか今日のようなことが起きる。まず、彼らには非常に優秀な選手と監督が揃っているし、アウェーでマン・Cやニューカッスル、レスターに勝っている。彼らのことは大いにリスペクトしているし、厳しい戦いになることは分かっていた。しかし、今日はピッチ上の相手に自分達のゲームプレイを強いることが出来なかったと思う。」

 

守備に関しては監督就任以来、最低のパフォーマンスだったのでは?

「我々は改善しているし守備面もよくなっている。今日は強力な二人の選手と対戦したが、ベンテケとザハの二人は我々に他の試合より多くの仕事をさせていた。私は自分達の進んでいる道を信じているし、今日もポジティブでいたいと思っている。なぜなら、今シーズンはトップ4入りの可能性のあるこの重要な時期へ向けて努力し、戦ってきたからだ。それに、我々はまだELで準決勝に残っている。これまでのシーズンを通して誇りに思うことができるだろう。今日の結果にはフラストレーションを感じているけれど、明日には立ち上がり水曜日に行われるウルブスとの試合へ向けた準備を行う。非常に難しい相手だが、どうするかは自分達次第だ。」

(ソース:Arsenal.com) 

 

 

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
にほんブログ村

プレミアリーグ ブログランキングへ