読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

CL:ポルト戦へ向けて

ポルト戦の遠征メンバー】

フビアンスキー

マンノーネ

ベントナー

ヴェラ

ウォルコット

ナスリ

デニウソン

ラムジー

ロシツキー

ディアビ

セスク

クリシー

フェルマーレン

エブエ

シルベストル

キャンベル

トラオレ

サニャ

ギャラス、ソング、アルシャビンアルムニア、エドゥアルドが怪我のため、遠征

メンバーから外れました…

マイクベンゲル監督

ギャラスはふくらはぎに故障を抱えている。 ソングは膝の怪我で、アルシャ

ビンはハムストリングを痛めている。 アルムニアは指を痛めた。 GKにとって

手はとても重要だ。 彼は以前から指をひねっていたのだが、そこが悪化して

しまった。 私は一か八かの賭けに出たくない。 エドゥアルドはハムストリング

の怪我が再発した。」

(ソース:Arsenal.com

■2004年にモウリーニョに率いられてCLを制したポルトモウリーニョが退団した

あとも準々決勝へ1度進んでいます。 ベンゲルポルトにはCLで優勝するだけの

ポテンシャルがあると語り、警戒しています…

マイクベンゲル監督

「CLでは、決勝トーナメントに進出した16チーム全てに優勝するだけの力が

ある訳ではない。 優勝する力があるのは10チームほどだと思う。 ポルト

その10チームの中の一つだ。」

「前回の対戦では、我々にプレッシャーが掛かっていなかったので、現在とは

状況が全く違う。 今回はプレッシャーが掛かっている。 我々にとっての基本

的な問題は、『2ndレグのホーム戦に繋がる良い結果を得る』ということだ。

もちろん、ポジティブな結果であるほど喜ばしいがね。」

「理想を言うならば、得点したい。 我々が常にゴールを目指していること

知だろう。 我々はいつもゴールを奪いに行っているのだ。」

(ソース:Arsenal.com

ベンゲルは、リバプール戦の勝利でチームに活気が戻ったと語ります…

マイクベンゲル監督

リバプール戦の勝利は、我々に大きな救いとなった。 お陰でチームは希望

を取り戻したし、決意を新たにすることが出来た。 今回の強豪たちとの連戦

という偶然は、我々にとって厳しいものだった。 我々としてはその連戦を、

らかの望みを持てる状態で切り抜ける必要があった。」

現在、ポルトガル・リーグで12戦連続無敗中のポルトとの対戦ですが…

「我々には(この週末に)息抜きが必要だった。 人々はアストン・ヴィラマン

・U、チェルシーリバプールとの連戦が、どれだけ選手たちに負担を掛ける

か分かっていない。 私はこの時期の息抜きが、精神的にも良いものだと思

っている。」

(ソース:Arsenal.com

ギャラス、ソング、アルシャビンアルムニア、ドゥドゥが欠場ですか…

ここに来てまた怪我人が増えてきましたね(-A-)

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑応援よろしくお願いしますm(__)m↑↑