読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

CL:アーセナル vs シャフタール・ドネツク戦の結果と試合後のインタビュー

-CL グループH-

アーセナル 5-1 シャフタール・ドネツク

得点:19’ソング、42’ナスリ、59’セスク(PK)、66’ウィルシャー、69’シャマフ、82’エドゥアルド

【メンバー】

ファビアンスキー

スキラッチ

エブエ

ジュルー

クリシー

セスク → 63’デニウソン

ロシツキー

ウィルシャー

ソング

ナスリ → 72’アルシャビン

シャマフ → 72’ウォルコット

-ベンチ-

シュチェスニー

ディアビ

ギブス

ベントナー

ベンゲル監督、試合後のインタビュー(一部を抜粋

マイク楽に勝利できが・・・

マイク「チームが素晴らしいパフォーマンスを発揮したからこそ、試合を容易に進めることが出来たと思っている。 試合を通して素晴らしいテクニックから自然な流れでゴールが生まれていたし、全体的に我々の優れたテクニックにより、相手が徐々に疲れて行った。 特に後半はワン・ツーだったり、ポゼッションから得点が生まれている。 前半のドネツクはボールを追い、守りを固めることに集中していたように思う。 後半に入り、我々がそこを上手く利用できたと思っている。」

マイクウィルシャーとセスクのパートナーシップについて…

マイク「Yes、彼が上手く連携できると確信している。 セスクは今夜復帰したばかりだったけれど、ジャックも良い感じに成長している。 彼のプレーはとても18歳とは思えないほどだ。 彼らのコンビネーションはとても素晴らしい。 今夜は中盤がとても上手く機能していた。」

マイクマン・C戦へ向けての準備について…

マイク「マン・C戦は違ったタイプの試合になるだろう。 我々にとっても今夜の試合に勝利し、次の試合に備えて準備することが重要だったのだ。 我々は直近2試合で勝利を収めることができた。 強い自信と自分たちのやり方に自信を持った状態でマン・C戦へ挑むことが重要なのだ。 結果が大事なのであって、ゴール数自体は重要ではない。」

マイクウィルシャーのベスト・ポジションについて…

マイク「決まりきったポジションではなく、中間なのだ。 決まった位置に居るのではなく、ボックスからボックスへと広く動き回る選手だ。 彼はストライカーの後ろから飛び出すことも出来るし、エリア内でもプレーできて、優れた爆発力も持っている。 彼に時間を与えてプレーさせようではないか。」

マイクエドゥアルドにたいする歓迎ぶりについて…

マイク「もしシャフタール・ドネツクの誰かに得点して欲しかったとすれば、エドゥアルドしか居ないだろう。 誰もが彼にしたいして凄く好感を持っているからね。 みんな彼がどういう選手か知っているし、ここへ来たときのこと、そして彼が乗り越えてきたことも知っている。 彼も態度も常に素晴らしいものだった。 我々みんなが彼のことを喜んでいる。」

(ソース:Arsenal.com

これほど胸が熱くなる失点があっただろうか(´;ω;`)

セスク、ウォルコットベントナーも戻ってきたしナスリとシャマフも好調。

あとはアルシャビンが復調して、ロビンとラムジーが戻ってくれば…

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ プレミアリーグランキング 人気ブログランキング

↑↑クリックお願いしますm(__)m↑↑