Arsenal Watch

2008年4月からアーセナル関連のニュースを記録中。噂はあくまでも噂です。

ジェンキンソンがイングランド代表に初招集

■来週の水曜日に行なわれるスウェーデンとの親善試合へ向けたイングランド代表が発表され、ジェンキンソンが初招集されました。 ジェンキンソンはイングランド人の父親とフィンランド人の母を持ち、ユース世代ではフィンランド代表に招集されていました。 また、怪我から復帰したウィルシャーが代表に復帰しています。 (ソース:Arsenal.com) ■ベンゲルはジェンキンソンがイングランド代表に招集されたことを嬉しく思うとコメントしています... ベンゲル監督 「彼のポテンシャルがホジソンに認められたことを私も嬉しく思う。 グッド・ニュースだよ。 カール(・ジェンキンソン)は素晴らしいポテンシャルの持ち主だし、(今回の招集が)彼の自信にポジティブな影響を与えると確信している。 彼にとって非常に大きなことだと私は考えている。」 (ソース:Arsenal.com) ■復帰後まもないウィルシャーの招集にベンゲルは難色を示していましたが、ホジソン監督との話し合いで互いに歩み寄りをみせたようです... ベンゲル監督 ※訳が微妙です 「彼の招集は時期尚早だと私は考えていた。 ただ、ホジソンと電話で話したことで、我々は良い感じで理解し合えたしうまく歩み寄ることができたよ。 ウィルシャーが出場停止により週末の試合でプレーしないことも追い風となった。 彼は少し休養が取れるからね。 ロイ(・ホジソン)としては選手たちと試合をコンタクトさせるためにも、ウィルシャーをグループに入れたいのだ。」 「ウィルシャーのプレー時間についてコメントするつもりはない。 (代表)チームの監督はロイであり、それについてコメントできるポジションに居るのは彼だからね。 彼だけが優秀な選手達の起用法について話せるのだ。 だがもちろん、これは親善試合だ。」 「ウィルシャーが出場しないことが理想的ではある。 それは変わらないよ。 彼は(復帰後)3試合に出場しただけだし、フル出場したのは1試合だけだ。」 「彼は17ヶ月間の長期離脱から復帰後に3試合に出場した。 休養を取るにはいい時期だよ。 彼は週末の試合に出場できないが、休養を取れるので我々も好意的に受け取っている。 良い感じで回復するには10日間は必要だと思う。」 「ピッチ上のジャック(・ウィルシャー)は常に全力でプレーする。 彼のフィジカルの状態は良いと思うし、試合を重ねるごとに少しずつ強くなっている。 これは彼の基礎的なフィットネスが良い状態にあることを意味している。」 (ソース:Arsenal.com) ■週末のフルハム戦へ向けてのチームニュースです... ベンゲル監督 「(フィットネス・テストの結果については)今のところ大きな問題はない。 オックスレイド=チェンバレンをテストして、スカッド入りできるか確認する。 ラムジーも同じだ。」 「シュチェスニーについてはスカッド入りする可能性が僅かにある。 明日(金曜日)のU−21の試合でプレーすることになるだろう。それをクリアしたら彼をスカッド入りさせるかもしれない。」 「ジェルビーニョディアビロシツキーは欠場する。 ギブスも状態は良いが欠場する。」 (ソース:Arsenal.com) ■今シーズンはCFにジェルビーニョウォルコットポドルスキー、ジルーなどを起用しているベンゲルですが、重要なのは攻撃のオプションが増えることだと語っています... ベンゲル監督 「CFとしてのポテンシャルを持ったストライカーが居ることが重要だと思っている。」 「ウォルコットポドルスキーもそうだし、もちろんジェルビーニョも中央でプレーできる。 彼らに加えてジルーやシャマフも居る。 中央でプレーできたり、そこでプレーしたいと思っている選手が多く居るのは良いことだよ。」 (ソース:Arsenal.com) ■エミレーツ・スタジアムの雰囲気がチームの原動力になっているが、良い雰囲気を作るのはファンではなく選手たちのプレーでなければならないとベンゲルは語ります... ベンゲル監督 「(スタジアムの)雰囲気はファンではなくチームによって作られると考えなくてはならない。 ホームで1〜2試合、精彩を欠いた試合があった。 そのことは私も認める。 特にシャルケ戦とQPR戦だ。 それは我々の低調なクォリティのせいだと思うし、我々の責任だ。」 (ソース:Arsenal.com) ■ベンゲルはあらためてウォルコットの残留へ向けて全力を尽くすとコメントしています... ベンゲル監督 「私の願いはテオ(・ウォルコット)の残留だ。 我々には彼を引き止める必要がある。これまで繰り返し述べてきたが、もう間もなくこの状況を解決できると思っている。 いずれにせよ、すぐに12月末が来てしまうことは確かだ。 」 「詳しい話しはしたくないが、私のことを信じて欲しい。 我々は最高の選手を引き止めるために全力を尽くしている。」 (ソース:Arsenal.com) ■ミラー紙によると、ミランがサニャの獲得に興味を示しているそうです。 サニャの契約は来シーズン末で切れます。 他にインテルパリSGも関心を寄せていると噂されています。 (ソース:Mirrorにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ icon icon