Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

レンヌがエムヴィラの移籍を容認へ【アーセナル移籍ゴシップ】

■週末に行なわれるマン・C戦へ向けてのチームニュースです... ベンゲル監督 「先週末以降、ジルーを除いて全員がフィットしている。 ジルーはスウォンジー戦で膝に裂傷を負ったため練習に参加しなかった。 マン・C戦に出場可能かの最終テストを土曜日に行なう。 可能性は50/50といったところだ。 様子をみるよ。」 「サントスとディアビについては、ミッドウィークに出場したU−21プレミアリーグの試合以降、どういうリアクションを見せるか見守りたい。 とは言うものの、我々は過密日程を消化しているので彼らの復帰は良いことだ。」 「ファビアンスキーがフル・トレーニングに復帰するのはそう遠くない。 あと2〜3週間といったところだろう。」 (ソース:Arsenal.com) ■シャマフ、ジュルーがローン移籍しましたが、現時点で他に移籍する選手はいないとベンゲルは語ります… ベンゲル監督 「現時点で他に出て行く選手はいない。 我々はバランスの取れた優れたスカッドを有している。 したがって、誰か他の選手を獲得しない限り、新たに出て行く選手はいない。 今は全ての選手をキープすることに集中している。 すべてのポジションに2名の選手がいる状態だ。 1名だと少なすぎるが3名だと多すぎる。」 「彼ら(ローン移籍したシャマフとジュルー)には出場機会がなかった。 試合に出る必要があったんだよ。 出場機会の無い選手たちは自信とクォリティを失ってしまう。 そのため、彼らにとってはどこか他のチームで出場機会を得ることが重要だったのだ。」 (ソース:Arsenal.com) ■アーセナルウォルコットが契約延長で合意に達したと各メディアで一斉に報じられていますが、ベンゲルも良い方向に進んでいると認めたらしいです… ベンゲル監督 「我々は良い方向に進んでいる。 サインするまでは慎重にならなくてはいけないが、ハッピーな結末を迎えられると楽観視しているよ。 交渉はゆっくりだが着実に前進している。」 「今後も移籍市場での活動を継続するが、我々は平均的な選手を求めていない。」 (ソース:The Sun) ■アーセナルが獲得に動いていると噂されているレンヌの元フランス代表MFエムヴィラについて、レンヌがエムヴィラから移籍したいとの申し出があったことを認めたらしいです。 これを受けてレンヌも1月の移籍を認めることにしたそうです... ドレオッシGM 「Yes、彼は移籍することになるだろう。 だからといって放出という選択を最優先にしている訳ではないがね。 しかし彼がどうしても移籍したいなら移籍することになるだろう。 ただ、移籍することが彼や我々の利益にならないのであればシーズン終了まで止まることになるだろう。」 「イングランドやロシア(への移籍?)に向けて動いている。」 またエムヴィラ自身もオファーが届いていることを認めたそうです... エムヴィラ 「クラブにオファーが届いてる。 オレとしては移籍したいけど、移籍が全員の利益にならないとアカンな。 利益にならないんならシーズン終了まで残る。」 エムヴィラにはアーセナルの他にトテナムやQPR、ゼニト・サンクトペテルブルクも興味を示しているといわれています。 (ソース:Sky Sports) ■トゥールーズのフランス代表MFムサ・シソコ(23)を巡ってアーセナルやトテナム、ニューカッスルACミランユベントスなどが争奪戦を繰り広げているらしいです。 なお、争奪戦はトテナムがリードしているとのこと。 (ソース:The Time) ■アーセナルとフラムがローマのオランダ代表GKステケレンブルフ(30)の獲得に興味を示していると報じられています。 ステケレンブルフは最近になってギリシャ代表の若手ゴイコエチェアに正GKの地位を奪われています。 オランダ代表で正GKの地位をキープするためにも、出場機会を求めて移籍する可能性が高いとか。 ローマも移籍を容認しているとのこと。 移籍金は350万ポンド(約5億円)と格安らしいです。 (ソース:Metro) ■我らが英雄アンリがブラジル式フットサル(サンバ・フットボールというらしい?)に興じる動画がサン紙で紹介されていました。 (ソース:The Sunにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ アーセナル(白) バンパーステッカー stb006【サッカーショップ蹴球堂】