読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ウィルシャーが左足首を手術

アーセナルウィルシャーが左足首の手術を受けると発表しました。 ウィルシャーは左足首の状態が思わしくなく、ここ6試合ほどベンチスタートとなっていました。 手術は小さなものらしいですがリハビリに数週間かかる見込みだとか。 ただプレ・シーズンまでにはフィットするとのこと。 ベンゲル監督 ※訳が少し微妙です 「ジャック(・ウィルシャー)は軽い手術を受けることになる。 ごくごく小さなものだよ。 小さなピンを抜き取るのだ。 特に問題ない。 彼にはマイナーな手術が必要だが、我々はシーズン終了まで出来る限り管理していく。 今は、彼の力が本当に必要だと感じたときのみ起用している。」 「次回のイングランド代表の試合には出られないが、プレ・シーズンまでには復帰するだろう。 ブラジル代表との試合を欠場することになって彼もガッカリしているが、彼は来年、W杯の決勝で対戦できるよ!」 (ソース:Arsenal.com) ■今夜のウィガン戦へ向けてのチームニュースです… ベンゲル監督 「非常に良いニュースだ。 我々は全員がプレー可能な状態になっている。 ギブスも戻ってきており、今日テストを受ける。」 「ファビアンスキーもプレー可能だ。」 (ソース:Arsenal.com) ■ベンゲルFAカップ優勝がウィガンに大きな影響を与えるだろうと語っています… ベンゲル監督 「彼らにとってはアップダウンの激しい1週間だったと思う。 非常に重要なホームでのスウォンジー戦に敗れたかと思ったら、その一方では土曜日のマン・C戦ではクォリティを発揮して驚くべき試合をしたのだからね。」 「我々がどちらのウィガンと対戦するか? それは分からないよ。 我々に出来ることは重要な試合をベストな状態でプレーすることだけだ。 ウィガンにクォリティがあることは承知しているので、特に心配はしていない。 むしろ彼らのリーグ戦の順位の方が驚きだ。」 「彼らは土曜日の試合で非常に素晴らしいプレーをみせた。 両サイドでとても良いプレーをしていたし、非常に良い守備をしていた。 彼らは試合の大部分でマン・Cを押さえ込んでいたよ。」 「彼らにとっても重要な試合だ。 だが、そういう試合を戦いたいのだよ。 2ヶ月前の我々にはこういうチャンスは無かった。 それだけに、我々が行なってきたことに満足している。 2ヶ月前は自分たちの運命が我々の手の中になかった。 今は非常にいい仕事ができているので、このまま仕事を終わらせたい。 自分たちのプレーが出来ればポイントを獲得できると思っている。」 (ソース:Arsenal.com) ■ベンゲルはトップ4でフィニッシュすることが今シーズンの最低限の目標だと改めて語っています… ベンゲル監督 「昨年の我々は70Pで3位だった。 今年は73Pあれば4位でフィニッシュできる。 一貫性を持ってプレミアリーグを戦いたい。」 「私は4位以内でシーズンを終えることが最低限の目標だと言ってきた。 チェルシーのCL出場権獲得が怪しくなってきたとき、彼らも直ぐさま『我々にとって最も重要なのはCLに出ることだ』と言ったのを覚えているだろう。」 「なかなか難しい目標だが我々は長年に渡ってそれを成し遂げてきている。 それで十分なのか? No、もっと上を目指したい。 だが、今年のマン・Uは他の全チームを凌駕していた。」 (ソース:Arsenal.com) ■アーセナルウィルシャー2世と呼ばれているアストン・ヴィラのU−17イングランド代表MFダニー・クローリー(16)を獲得するようだと報じられています。 (ソース:Daily Mailにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ 栗田恵美/道しるべ [DVD]