Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

バルセロナの若手FWに興味あり?【アーセナル移籍ゴシップ】

ウェストハム戦で矢のような弾丸シュートで貴重な同点ゴールを決めたポドルスキーは、ゴールよりも3P獲得できたことの方が嬉しいと語っています...
ポドルスキー
「ゴールだけを決めてれば良いって訳じゃない。 左サイドでプレーするときは、常に仲間の動きを把握することが大事なんだ。 ゴールを決めれたのは良かったけど、3P獲得できたことの方が重要だよ。」

「少しスペースができていたし、ボールがうまいこと左足に乗ってくれたよ。 僕らはすごく良いプレーができたと思ってる。 ウェストハムに1−0とリードされてからも自分たちの能力を発揮することができたからね。 後半は特に良かったと思う。 10分間に4ゴールと素晴らしい立ち上がりだったよ。」

「大事なのはチームが3P獲得できたことだ。 僕たちはベストの状態に戻りつつあると思う。」
(ソース:Arsenal.com

ブンデスリーガよりもプレミアリーグの方が上だとポドルスキーは語ります...
ポドルスキー ※訳が微妙です
「ここはすごくハードなんだ。 ブンデスリーガでもタフな試合はあるけど、バイエルンが頭一つ抜けてるんだ。 ブンデスリーガのクォリティは5年前と比べて格段に良くなっているとは思うけど、まだプレミアリーグの方が少し上だね。」

「リーグ戦は残り15試合以上ある。 僕らはトップ4入りを目指して戦わなければいけない。」

「僕たちは自分たちの試合に自信を持つ必要があると思う。 チームには偉大な選手たちが居るんだ。 でもマン・C戦やチェルシー戦後のチームの雰囲気はあまり良くなかった。 だけど僕らは(ウェストハムに)5−1で勝利した。 土曜日のFAカップも良い感じでプレーできると思う。 ただの1試合だけど3P獲得できた。 僕らにはそれが重要なんだよ。 だけどまだ15試合以上残ってる。」

「代表やケルンでは左サイドでプレーしてるし、ケルンでも時々プレーしていた。 僕にとっては別に特別なことじゃないよ。 10番やストライカーはより多くのシュートを打ってゴールを決められるポジションではあるけどね。」

「でも僕はアーセナルのスタイルで左サイドとして良い感じでプレーできると思ってるし、満足してるよ。 ここまで7ゴール9アシストを決めているしね。 まぁそれは良いことだけど、僕にとって何より重要なのはシーズン終了時にCL出場権を得ることなんだ。」
(ソース:Arsenal.com

ウェストハム戦で2ゴールを挙げたジルーは、今シーズン通算11ゴールと二桁得点を達成したことに満足していると語っています...
ジルー
「二桁得点を達成できたことは嬉しいけど、これからもどんどんゴールを決めていきたいと思ってる。 チームメイトのことも深く理解できるようになったし、すごく良い感じでプレーできるようになったと思ってる。 これまで11ゴール9アシストを記録しているけど、もっと数字を伸ばせると思ってる。」

ウェストハム戦では序盤から素早い動きでボールを回すという、僕らの望み通りのプレーができたのですごく満足してる。 残念ながら1失点しちゃったけど、諦めずに良い感じで反撃できたと思う。 ハーフタイム前に追いつけたのが本当に大きかったね。」

「後半はチーム全体が良い感じで動けてたし、(相手の)ラインをどんどん突破してチャンスをたくさん作れた。 この勝利はすごく重要だよ。 トテナムも調子が良いしね。 僕たちはCL出場権獲得に集中しないといけない。 それが僕らの目標だしなにがなんでも確保したい。 立ち上がりから今夜のようなプレーができたら、すごく良い結果が出せると思う。」
(ソース:Arsenal.com

■レディングがアルシャビンの獲得に動いているとの噂がありますが、マクダーモット監督はこの噂をキッパリと否定しています...
マクダーモット監督
「その話しは何度も聞いたよ。 だが彼はアーセナルの選手だ。 彼がレディングの選手になることはないよ。」

(ソース:Sky Sports

アーセナルとフラムが獲得に動いていると噂されているローマのオランダ代表GKステケレンブルフですが、彼の代理人によるとオファーはどこからも届いていないそうです...
ヤンセン代理人
「今のところ単なる噂だ。 我々は具体的なオファーを受けていない。 移籍するよりも残る可能性の方が高いね。我々もGK市場で動きがあるのは把握しているが、まだ何も決めてないよ。」

(ソース:Sky Sports

■トテナムもウェストハムのMFディアメ争奪戦に参戦してきたとガーティアン紙が報じています。 ディアメにはアーセナルをはじめフラムやエバートンも獲得に動いていると噂されています。
(ソース:Guardian

アーセナルバルセロナのU−21スペイン代表FWイサーク・クエンカ(21)のローン移籍を模索していると報じられています。 クエンカは昨年、右ひざ半月板の大怪我で手術を受けています。 怪我の影響で今シーズンの出場機会も殆どないらしいです。 バルセロナも怪我からの復帰のためには試合に出したいと思っているようで、ローンに快く応じるだろうとのこと。
(ソース:Daily Express

アーセナルがセリエBのヴェローナに所属するブラジル人WGジョルジーニョ(21)に興味を示していると噂されています。 ウォルコットオックスレイド=チェンバレンが中央で起用されるようになっているため、ウィングの補強に動くかもしれないとのこと。
(ソース:caughtoffside.com

ナポリがマンノーネの獲得に動いていると噂されています。 ナポリの正GKは35歳のデ・サンクティスが務めています。 ナポリは近い将来、デ・サンクティスの代わりを務められる若手GKを獲得したいと考えているとか。
(ソース:talksport


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ

First Touch Soccer
icon
icon
icon