Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

ビルバオのベネズエラ代表DFに興味あり?【アーセナル移籍ゴシップ】

アーセナルはGKリーゼ・チャールズ=クック(18)がカンファレンス・サウスのチェルムスフォード・シティへローン移籍すると発表しました。 期間は1か月間です。 クックはロンドンのルイシャム出身。 NextGenシリーズに出場しているU−19で正GKを務めています。 今回のローン移籍は経験を積むことが目的だそうです。
(ソース:Arsenal.com

■ストーク戦でプレミアリーグ・デビューを飾ったモンレアルベンゲルは賞賛しています...
ベンゲル監督
「私は試合前から、誰かにカルチャーショックを与えるのにストーク以上の相手はいないとコメントしていた。 彼はカルチャーショックを受けながらも上手く対処していた。 今夜のプレーを見た誰もが、彼にアーセナルでプレーするクォリティが備わっていると確信したことだろう。 これは大きな一歩だ。」

「ストークは非常によく組織されていたので苦戦した。 彼らはとても深い位置で守っており、我々のスペースがなかった。 我々は力強く、それでいて我慢強くなければならなかった。 そのうえ試合のペースを維持する必要もあったが、我々はいずれも上手くこなすことができたね。」

「チームを見れば何が起きているか分かる。 彼らは力強くなっているし精神的にも強くなっている。 3P獲得できたことにとても満足しているよ。」
(ソース:Arsenal.com

■ストーク戦で怪我から1ヶ月ぶりに復帰したアルテタですが、ローテーションでベンチスタートとなったカソルラポドルスキーが試合の流れを大きく変えたと語っています...
アルテタ
「ローテーションは必要だよ。 サンティ(・カソルラ)は怪我をする直前の僕みたく多くの試合に出場していたんだ。 みんなだって重要な試合が予定されているこの時期に、彼が2〜3週間も離脱するなんて嫌だと思う。」

ベンゲルは彼をベンチスタートにした。 交代で出場するとすぐにチームの勝利に貢献したね。 このことは選手がローテーションで代わっても問題ないくらい、僕らが強力なスカッドを有していることを証明したと思う。」

「僕は復帰するのに一生懸命だった。 本当はもっと前に復帰したかったんだけど出来なかった。 ストーク戦でプレーできるかも分からなかったんだ。 監督は僕をプレーさせるべきだと考えたみたいだ。 プレーできてすごく嬉しかったし、誇りに思っているよ。」

「今日みたいな試合では我慢することが必要なんだ。 焦ってプレーするとカウンターを喰らうからね。 チャンスは必ずやって来ると思っていたし、わずかなチャンスを掴んで勝利することができた。 小さなチャンスでも勝って3P獲得するには十分だったよ。」
(ソース:Arsenal.com

■Skyスポーツによると、アスレティック・ビルバオベネズエラ代表DFフェルナンド・アモレビエタを巡ってアーセナルリバプールエバートンACミランバルセロナが争奪戦を繰り広げているらしいです。 ビルバオはアモレビエタとの契約延長に失敗しており、今夏にフリー移籍が可能となります。
(ソース:Sky Sports

■ミラー紙によると、A・サントスがガラタサライからのオファーを断っていたらしいです。 しかし、モンレアルが加入したことから左SBのポジション争いはかなり厳しい状況になっています。 ガラタサライは今夏にもう一度獲得に動くらしいです。
(ソース:Mirror

アーセナルが今夏、アンジ・マハチカラの守備的MFラッサナ・ディアッラの再獲得に動くらしいと噂されています。 ディアッラは2007年8月にチェルシーからアーセナルへ移籍してきましたが、ポジションを確保することができず、翌年1月の移籍市場でポーツマスへ移籍しています。

ディアッラは昨夏にレアル・マドリーからアンジ・マハチカラへ移籍したものの、ロシアの酷い人種差別に嫌気がさしているようで、早くも移籍を希望しているとか。
(ソース:fanatix





にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ


アーセナル壁紙アルバム 2012/13
icon
icon
icon