読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

FAカップ決勝戦へ向けて選手たちが意気込みを語る

■選手たちがFAカップ決勝戦へ向けての意気込みを語っています…
●ギブス
「選手たちは今シーズンの持てる力のすべて発揮すると思うし、力強い形でフィニッシュしたいと思ってる。 僕らは昨シーズンよりも多くのポイントを獲得することができている。 そこでさらにトロフィーも獲得できたら最高だね。」

「プレッシャーも最大限に利用する。 僕たちはシーズンを通してプレッシャーを受けながらプレーしてきたからね。 決勝戦に僕らも興奮してるしベストの力を発揮できると思うよ。 プレッシャーをポジティブな力に変えていく。 シーズン終盤で見せたようなアプローチでプレーしたと思ってる。」
(ソース:Arsenal.com

フラミニ
「FAカップは僕らの目標の一つだった。 大きな野心を持つビッグクラブでプレーしてるいるんだから、全てのタイトル制覇を望んでいるよ。」

「トテナム、リバプール、そしてエバートンという最も厳しい抽選結果だった訳で、言わば3つの決勝戦に勝ってきたようなものだよ。 ハル戦ですべてを出し切る準備はできてる。 これまで通りのプレーをすることが重要だと思う。」

「しばらくトロフィーから遠ざかっているだけに、選手たちにとってもクラブにとっても非常に重要な試合になると思う。 たくさんのクォリティを持ち素晴らしいフットボールをしているんだから、トロフィーを獲得することも重要なんだ。」

「それにファンの皆のためにもトロフィーを獲得したい。 ファンは僕たちがトロフィーから遠ざかっていても後ろで支えてくれたからね。 僕らのモチベーションの一つだよ。」

「タイトルとトロフィーを獲得することが将来のためにも必要なんだ。 今シーズン開幕時に立てた目標を達成することが重要だってことを頭に入れておく必要があるね。 アーセナルがかつて黄金期を迎えたときには勝者のメンタリティがあった。 一度でもタイトルを獲得すれば、そのメンタリティが頭にインプラントされ、身体の一部になると思う。 タイトルを一つ獲得すれば徐々に目標も高くなっていくしね。」

アーセナルには常にクォリティがあったけれど、今はチーム内でも競争がある。 誰もそれに負けたくないんだ。 より多くの才能を持つチームがあるってところが重要なのさ。」
(ソース:Arsenal.com

カソルラ
「(コパ・デル・レイとFAカップの違いは)小さなチームでも決勝戦に進出するチャンスがあるところだね。 1試合のみでホームかアウェーのどちらかで試合する。 運任せの部分もあるけどね。 でもスペインの場合は2レグあるんだ。」

バルセロナレアル・マドリーと当たったら彼らのホームスタジアムでプレーする必要が出てくる訳で、そこで彼らに勝利するのは至難の業だ。 すべてのチームに勝ち上がるチャンスがある点でFAカップの方が優れてると思うよ。 今年はハル・Cで昨年はウィガンが決勝に進んでるのをみても、すごくオープンな大会だってのが分かると思う。」

「僕にとって初めての決勝戦だ。 代表としてはEUROの決勝戦でプレーしたことがあるけど、他はどのクラブでも決勝戦をプレーしたことがないんだ。 だから僕にとって初めての経験になる。 うまく行けば、アーセナルでこれから何度も経験するうちの最初の一歩になるかもしれない。」

「ここまで勝ち上がるのは楽じゃなかった。 僕らは強豪とばかり当たったからね。 準決勝のウィガン戦もタフな試合だった。 でも、そこを勝ち上がってきたことは僕らのメリットでもあると思う。」

「僕たちはこの大会で凄く良い試合をして来てると思うし、最後の最後で大きなチャンスがやってきてる。 大会を通じてチームは良いプレーをしてると思うし、決勝戦でもそれを発揮できればと思ってる。」
(ソース:Arsenal.com

エジル
「これまでウェンブリーでプレーしたことがないから、スタジアムやピッチの雰囲気に興奮してるよ。 普通はたくさんのスタジアムでプレーするから、どのスタジアムでもピッチに立てば基本的に全く同じだ。 プレーを楽しんで成功を収めたいんだ。 僕もウェンブリーでのプレーを楽しみにしてるよ。」

「試合前に緊張するのは当たり前のことだ。 そのうえで全てを出し切る。 それは決勝戦でも同じことだよ。 ただ、重要なのは誰もが僕たちがトロフィーを獲得できると思っていることだし、ファンに恩返しができると思ってる。 彼らはシーズンを通して素晴らしくてトロフィーに値してると思うからね。」

「移籍1年目には満足してる。 チームとして僕らに何が出来るかを示したと思う。 僕らには目標があった。 そして4位を確保する決心をし、そのために全力を尽くして問題に集中しなければならないことも分かってた。」

「怪我で重要な選手を欠いたことが、上位争いをするチームとの試合で負けたことにも影響してると思う。 でもそれもフットボールだ。 怪我や捻挫は付きものだからね。 だけど僕らには未来があると思う。 いろいろ学びチームとして成長していくんだ。 シーズン全体としては満足のいく内容だったと思うよ。 4位を確保できたし今はFAカップ決勝戦を控えているんだからね。」

「僕がチームに貢献できたことを嬉しく思う。 いくつかのポジティブな結果も出てるしね。 そのことが僕らの自信になると思う。」
(ソース:Arsenal.com

アーセナルウェストハムアンデルレヒトセネガル代表DFシェイフ・クヤテ(24)争奪戦をリードしていると報じられています。 他にはリバプール、マン・C、サウサンプトンガラタサライCSKAモスクワなども獲得に動いているとのこと。

クヤテの代理人によると、アーセナルウェストハムと交渉を行っているそうです。
(ソース:Daily Express

■サニャが今夏のマン・C移籍を決心したらしく、チームメイトにも打ち明けていると複数のメディアが報じています。 サニャは今週、アーセナルが提示している最新のオファーを拒否することを伝えたそうです。
(ソース:Mirror

アーセナルチェルシーレアル・マドリーが獲得に動いていると噂されるバイエルン・ミュンヘンクロアチア代表FWマンジュキッチですが、DFBポカール決勝のメンバーから外されたことで移籍を決意したっぽいです。 グアルディオラ監督とたびたび衝突しているマンジュキッチは、今年1月にもスカッドから外された経験があります。 当初はマンジュキッチの売却に消極的だったバイエルンも、いまはオファーを聞く用意があるのだとか。
(ソース:Daily Mail






にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ
プレミアリーグ













岸明日香 ファースト写真集 『 Asuka 』