読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Arsenal Watch

アーセナルの各種ニュースを意訳・誤訳満載でお届けします。噂はあくまでも噂。

第二のウィルシャーに注目か?【アーセナル移籍ゴシップ】

2014-2015シーズン 移籍情報
ハル戦へ向けてのチームニュース

ベンゲル監督

「ドゥビュシーがハムストリングに少し問題を抱えている以外は全員状態はよい。ドゥビュシーの怪我がどの程度なのかはまだ分からない。他の選手達は全員プレー可能だ。」

「ドゥビュシーについては月曜日の試合に間に合わない可能性がある。彼はトレーニング中に怪我をした。」

「ボード上に殆どの選手が揃っている状態は我々にとって力強い状況だ。シーズンの需要な時期でもあるしね。我々は勢いに乗っているし、この状態を維持したい。多くの選択肢を持っているという事実は、私にとって非常に興味深いことだ。」

(ソース:Arsenal.com

 

トリノのイタリア代表DFに興味あり?

アーセナルとマン・Uがトリノ所属のイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(25)の獲得に動いていると噂されています。ただ、トリノの幹部は「クレイジーなオファーでも届かない限り放出はしない」と移籍に否定的です。獲得するには最低でも1,100万ポンド(約20億円)が必要になるだろうと報じられています。

(ソース:Daily Star

 

ウィルシャー2世と呼ばれる11歳の少年に注目か?

 アーセナルチェルシー、トテナムがルートン・タウンのアカデミーでプレーしているチャーリー・パティーニョ(11)を巡って争奪戦を繰り広げているそうです。現在アーセナルイングランド代表で主力として活躍しているウィルシャーも、9歳でアーセナルに引き抜かれるまではルートンでプレーしていました。パティーニョは巧みなボールさばきが持ち味らしく、ルートンが第二のウィルシャーを発掘したと話題になっています。

パティーニョはルートンと6年契約を結んでおり、移籍金は1万ポンド(約183万円)になると見込まれています。パティーニョ一家はロンドン・コロニーの近くに住んでいるようで、両親はすでにアーセナルチェルシー、トテナムといったロンドンをホームタウンとするビッグ・クラブの練習施設を見学したようです。

 (ソース:Daily Maill)

 にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

 

ハリルホジッチ思考―成功をもたらす指揮官の流儀
東邦出版株式会社
東邦出版
売り上げランキング: 6,649

 

 

 

 

 

 

 

 

夏江紘実 おかえり [Blu-ray]